片瀬那奈の“電撃退所”に憶測「解雇?」「やっぱり何かあるのかな」

片瀬那奈 

片瀬那奈 (C)まいじつ 

俳優の片瀬那奈が、9月30日付で芸能事務所『研音』を退所したことが明らかになった。同社が公式サイトで発表している。

事務所はサイトで《この度、片瀬那奈は2021年9月30日をもちまして研音グループを離れ、新たなスタートをきることになりました。つきましては9月30日をもちまして、片瀬那奈オフィシャルサイト(PC、モバイル共通)、公式SNSを終了させて頂きます。何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます》としている。

片瀬は今年7月、同棲生活を送る交際相手の会社社長が麻薬取締法違反容疑で逮捕されていたことを週刊誌に報じられていた。片瀬は当初、家宅捜索と尿検査を受けていたことを否定していたが、翌週になって撤回。検査ではここ半年間薬物を使用していた形跡は認められなかったが、虚偽報告していたことで、事務所との関係が急速に悪化したという。

片瀬那奈の退所にさまざまな憶測が…

ネット上では片瀬の退所に、

《未成年喫煙の過去も抑えてくれたりしたのに退社ということは、色々あっての解雇かなぁ》
《仲の良い親友、恋人が次々薬物で逮捕。普通はあり得ないからね》
《私生活で薬物が身近にあることは事実で黙認していた罪は重い》
《沢尻エリカの件があっても仕事なくならなかったのは事務所のお陰だよね。トラブルあっても面倒みてきたのに、虚偽報告は裏切りだよなぁ…》
《大手事務所で、割とコンスタントに仕事もあって、長年第1線にいるのに、安定したポジション切られるって、やっぱり何かあるのかなと思うよね》

などとさまざまな声が寄せられている。

「業界では闇営業していたことを隠していた宮迫博之のケースとそっくり同じといわれていますね。今後、宮迫と同様に、表舞台で活動するのは極めて難しくなるでしょう」(芸能ライター)

宮迫はYouTubeを舞台に活躍しているが、片瀬も舞台を移して活動していくのだろうか。

【あわせて読みたい】