小栗旬はイケメンじゃない? 吉田鋼太郎の指摘にざわめき…「演技派なんだ」

小栗旬 

小栗旬 (C)まいじつ 

10月3日放送の『日曜日の初耳学』(TBS系)には、ベテラン俳優・吉田鋼太郎がVTRで登場。番組内でゲスト出演した小栗旬の〝ルックス〟について意見を述べ、ネット上で大きな反響を呼んでいる。

同日の番組で小栗はMC・林修とのトーク中、影響を受けた俳優として吉田の名前を上げることに。過去に舞台『お気に召すまま』で共演してから付き合いがあり、小栗は吉田のことを「お師匠さんみたい」と呼ぶほどに尊敬の眼差しを向けていた。

すると番組では吉田のインタビューVTRが流れ、そこで俳優としての小栗を絶賛。一方で「昔からよく言ってるんですけど、『そんなにイケメンか?』って思うんですよ」と辛口な評価を下す。とはいえ一度は落としたが、後に「イケメンに見えるっていうね、そこが小栗マジック」とフォローも。また合わせて、吉田は小栗の俳優に対する貪欲な一面を明かすのだった。

小栗旬の〝顔面レベル〟について議論勃発

小栗の顔に関してバッサリと言い放った吉田に、視聴者からは意外にも高評価が。どうやら吉田と同じ考えを持つ人は多かったようで、ネット上では、

《たいしてイケメンに見えないし、アルパカに見えるけど、イケメンって言う人いるから多分雰囲気イケメンなんだと思う》
《かっこよさは単純に顔立ちだけじゃないんだなと思う》
《そりゃ俳優なら小栗よりイケメンはウジャウジャいるだろうな》
《吉田さんの言ってることは一理ある。顔整ってないし、全くイケメンじゃない》
《粗品に似てる》
《ブサイクな女優さんが演技派と呼ばれるように、顔が粗品で主演クラスやるんだから演技派なんだろうね》

などの賛同が続出。中には『霜降り明星』の粗品に似ているといった声もあがっていた。

「顔に関しては辛辣な評価が目立った小栗ですが、彼の武器は何と言ってもモデル並みの高身長でしょう。小栗は小顔でありながらも、身長184センチと俳優界でもトップクラス。そのため《イケメンではないが、顔が小さくて背が高いとイケメンに見えるんだよ。スタイルが良すぎるから》といった反論も殺到しています。演技も出来て高身長となれば、枠として〝イケメン俳優〟でも間違いはないのかもしれませんね」(芸能ライター)

とはいえ一般社会に小栗がいたら、顔だけでも浮いてしまうほどかっこいいだろう。芸能界のレベルがあまりにも高すぎると言わざるを得ない。

【あわせて読みたい】