『ラジハ』田中みな実の“出演”にブーイング「安っぽくなる」「ゴリ押し?」

田中みな実 

田中みな実 (C)まいじつ 

俳優・窪田正孝が主演するドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)の放送が10月4日よりスタート。人気ドラマの続編なのだが、ネット上では初回からブーイングが続出してしまった。

2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された窪田主演の『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編となる同作。主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)が、放射線科医で五十嵐に人知れず思いを寄せる甘春杏(本田翼)、五十嵐にひそかに恋心を抱く広瀬裕乃(広瀬アリス)、部下思いの放射線技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)ら個性的なメンバーと力を合わせて、〝視えない病〟を診つけ出していく。

第1話では、タレントの田中みな実が演じる天才ヴァイオリニスト・宝生真凛が、コンサート中に倒れて病院に運ばれてくる。院長の灰島将人(髙嶋政宏)が彼女を担当することになったのだが、五十嵐らはレントゲンやCTから、院長すら気づいていない別の病気が宝生にある可能性を見抜く。

左手の力がどんどん失われていき、宝生は元気をみるみる失っていったが、五十嵐らの処置のおかげで回復。病院は宝生を助けたことでマスコミに大々的に報道されるのであった。

ドラマに引っ張りだこの田中みな実

宝生は台詞こそかなり少ないものの、不安と絶望を抱く表情が何度もアップで映し出され、第1話ではメイン級の存在感を放っていた。するとネット上ではこれに対して、

《田中みな実のアップ、不安そうな表情には見えなかった…》
《田中みな実のせいで一気に安っぽくなるからドラマ出ないでほしい。なんで最近出てくんの?》
《ドラマや映画に出まくりだけど期待されてるの? 事務所のゴリ押し?》
《田中みな実さんが悪いわけではないけど、なんで女優さんはたくさんいるのに、あえてのこの人なんだろう?》
《女優さんいっぱいいるんだから話題作りじゃなくてもっと演技の出来る女優さん使ってほしいなー》

といったブーイングが起こってしまった。

「田中は今期、TBS系の金曜ドラマ『最愛』にもレギュラー出演。同クールに2本のプライム帯のドラマに出演するという、超売れっ子俳優のようなスケジュールが組まれています。ネット上でなんと言われようと、現場では好評なのでしょう」(芸能記者)

アナウンサーから大物俳優に転身したケースは少なくない。田中もその一例となるのだろうか。

【あわせて読みたい】