オシャレ番長・工藤静香のファッションにツッコミ「暑い日の装いにこれは…」

工藤静香 

工藤静香 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

歌手の工藤静香が10月5日、自身のインスタグラムを更新。鮮やかなワンピース姿を披露したが、ネット上でお決まりの呆れ声があがっている。

工藤は、赤と青の鮮やかなワンピースに、ブーツ姿のコーディネートで、モデル立ちしている姿を公開。《今日もまた暑いですね 打ち合わせが終わったら、このメダカの鉢に新しいメダカを迎えます。ずっとお世話になっている庭師の頭領からメダカをいただいたのです メダカちゃん! 帰宅するまでしばらくバケツにいてね》とつづり、水草が浮かぶ陶器の水鉢の写真も同時に投稿している。

工藤の鮮やかなワンピース姿に、ファンからは

《しーちゃん、ワンピもメークも秋色で素敵!》
《鮮やかモデルウォーキング素敵! ますますキレイになってる》
《赤のワンピース姿かわいい~》
《きれいです! ドレスお似合いですね》

などと称賛の声があがっている。

インスタ番長・工藤静香にツッコミ殺到

しかし称賛の声だけでなく、ワンピースとブーツを合わせたコーディネートに、ネット上では

《「今日は暑いですね」って言って、暑苦しいファッションですね》
《暑い日の装いにこれは… 見せられる側まで暑くなります》
《今日は暑いですねって言うならブーツは暑苦しい》
《なぜ、そのワンピースにそのブーツとバッグ合わせた? すべてがちぐはぐに見えるのだが》
《まだ暑いのに、この配色コーデ… メーク…》

などと厳しい指摘も殺到している。

「工藤は9月15日に投稿したインスタで《一日中マスクをしているから、何だかほうれい線が深くなってきました》とつづり、顔のアップ写真を投稿しましたが、ほうれい線は一切見えませんでした。〝自虐〟ネタを投稿しつつ、ファンから《そんなことないよ!》というコメントを期待していたのでしょう。もっとも、今回の写真を見る限り、あまりほうれい線は隠しきれていないようです。工藤も51歳になりましたからごく当たり前なのですが、以前に下手な小細工をしていたことで、それが余計に目立ってしまったようです」(ネットニュースサイト編集者)

インスタの本文ではメダカの話しかしなかったが、3枚の写真の内、2枚は自身のコーデやメークを披露した工藤。これも自身のオシャレ投稿テクニックだったようだ。

【あわせて読みたい】