市川海老蔵の『プペル』歌舞伎化に苦笑い「歌舞伎座も落ちたなぁ」

市川海老蔵

市川海老蔵 (C)まいじつ

お笑いコンビ『キングコング』西野亮廣が製作総指揮・原作・脚本を手掛けた『映画 えんとつ町のプペル』が、来年1月に新作歌舞伎『プペル~天明の護美人間~』として上演されると発表され、話題になっている。

アニメの原作となった絵本『えんとつ町のプペル』は、ゴミ人間プペルがひょんな事から出会ったルビッチと一緒に紡ぐ奇跡のファンタジー物語だ。2016年10月に発売されると、その年の年末までに10万部を超える大ヒットとなった。新作歌舞伎では主人公のプペルを市川海老蔵、玄(絵本ではルビッチ)を長女の市川ぼたんと長男の勸玄が交互出演する。

海老蔵は「私自身も映画を拝見し、とても感動いたしました『えんとつ町のプペル』を、来年のお正月に新作歌舞伎として上演できることを心から嬉しく思っております。西野さんとはご縁があり、『現代の世では難しくなりつつある信念や、共に諦めない想いを歌舞伎として描きたい』と熱望させて頂きました。この作品を通して、皆さまに少しでも前向きな思いや勇気を届けられたら嬉しいです」とコメントを寄せている。

西野亮廣と市川海老蔵のタッグに「似た者同士」

まさかの「プペル」歌舞伎化にネット上では

《わざわざ胡散臭い物同士で組まなくていいやん》
《海老蔵、プペっちゃダメ》
《歌舞伎座も落ちたなぁ》
《新しいことを取り入れるイメージじゃなくて、ただ落ちぶれたイメージになってしまうからコラボ相手は慎重に選んだ方がいいよね》
《なぜそこに手を出すって感じ》

などと、懐疑的な声が広がっている。

「最近は『風の谷のナウシカ』や『ワンピース』などが新作歌舞伎として上演されていますね。『プペル』は映画化され大きな話題になったので、海老蔵としてはぜひとも歌舞伎の演目として上演したかったのでしょう。もっとも、原作者の西野は自身が主催するオンラインサロンの会員にチケットを大量購入させるなど、その手法がネット上で問題視され、大炎上を招いています。海老蔵の新作歌舞伎も手放しで歓迎する人は少ないでしょうね」(芸能記者)

また映画の時のように、西野信者がチケットを大量購入する姿がみられるのだろうか…。

【あわせて読みたい】