安達祐実“独立発表”で体当たり演技復活? 加速する美魔女ぶりに期待の声

安達祐実 

安達祐実 (C)まいじつ 

俳優の安達祐実が10月4日、自身のインスタグラムを更新。所属事務所『サンミュージック』からの独立を発表し、話題になっている。

安達はご報告と題して《2021年11月末日をもちまして、30年間お世話になったサンミュージックプロダクションを退所することにいたしました》と事務所からの独立を発表。続けて、《子供だった私を導き、共に歩んでくださった事務所の方々には、大変感謝しております。退所に際しましても、『これからも、何かあったら助けに行くからね!』と言ってくださる、社長はじめ、マネジメントチームの皆さんの優しさが、心に温かく沁みております》と関係者に感謝した。

さらに《退所後は独立という道を選ばせていただき、今後も俳優として、真摯に一生懸命お仕事をさせていただく所存ですので、これからも応援をいただけますと幸いです》とファンに呼びかけた。

安達の門出に、フォロワーからは

《新しい門出応援しています。これからも頑張って!》
《いよいよ独立するんですね。今後の活躍が楽しみです》
《新しいスタートも良い出会いに恵まれますように》

などと、エールが送られている。

安達祐実の“体当たり演技”に期待の声

「安達は子役時代から30年間、『サンミュージック』に在籍していました。浮き沈みの激しい芸能界で今まで第一線で活躍してきたのは本当にスゴいとしかいいようがありませんね。今後は〝業務提携〟の形で協力をし合いながら活動の幅を広げていく予定のようです」(芸能記者)

そんな中、ファンからの期待が高まっているのが、安達の〝体当たり演技〟だ。2014年に公開された映画『花宵道中』では激しい濡れ場を演じ話題になったが、その後はバストトップを封印しているため、ファンもかなり悶々としているようだ。実際に、ネット上では

《子役からの方は大人になってちょっと…て人が多いのに、この方ますます魅力的になってる!》
《最近セクシーさが増したよね。美魔女って安達祐美さんの為にある言葉に思えてきた》
《安達祐実も40歳になるのかぁ。そろそろ大人の色気を見せるにはちょうどいい時期なんじゃないかな》
《成熟した大人の余裕と色気を感じさせつつ、幼い頃のあどけなさも併せ持っていて、いい年齢の重ね方をしてるんだな。また『花宵道中』並みの映画に出演しないかな》

などと期待の声が広がっている。

最近は年齢よりも若く見られることばかりが話題になっている安達だが、このへんでひとつ、熟女の色気を思う存分披露して、ファンを歓喜させてもらいたいものだ。

【あわせて読みたい】