『ラジハ』本田翼の“演技力”が超アップ!? 現場では大絶賛も視聴者は…

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~  本田翼 

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~  本田翼 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

俳優・窪田正孝の主演ドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)の放送が10月4日よりスタートした。窪田が同作で共演する本田翼の演技力を絶賛して話題になっている。

同日に都内でドラマの取材会が行われ、メインキャストの窪田と本田が出席。2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編となる同作だが、窪田は撮影中のエピソードとして、本田の演技力に驚いたことを明かす。

監督が約2年ぶりに本田の演技を見て「あいつ何かあったのか?」「めちゃくちゃ芝居上手くなってるな?」と窪田に耳打ちしたらしいのだが、窪田も監督と同じことを思っていたらしい。窪田は続けて「本田翼の奥行きを感じる。空気を変える力をまとうようになった」とべた褒めすると、本田は照れながらも大喜びしていた。

演技が大幅改善されたという本田翼だが…

「19年4月期に放送された前作では、本田の演技があまりにも酷く、視聴者から酷評が飛び交っていました。それを受けての〝演技が上手くなった〟という窪田や監督からの絶賛なのだと思います。しかし逆に言えば、以前はそれだけ〝演技が酷かった〟とハッキリ指摘しているようなもの。褒め殺しをしながらも、公開ダメ出しをしているような感じになってしまいましたね」(芸能記者)

ただ、視聴者は窪田や監督ほど本田の演技力向上を感じていないようで、第1話の放送中には

《本田翼の演技の下手さで内容が入ってこないのは相変わらず》
《本田翼死ぬほどかわいいけど、一向に同じ演技だな》
《本田翼の可愛さは異常値だけど、演技はずっと本田翼なんだよなー》
《演技下手すぎだろう… #本田翼》
《ばっさー演技いまいちだけど、それを踏まえてもかわいいから見たいなーと思える存在》

など演技を酷評、顔だけを絶賛する声が相次いでいた。

それでも以前よりは、演技が上手くなったのだろう。

【あわせて読みたい】