『CDTV』back numberの90分ライブに「不倫がよぎる」「心に響かない」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock

10月4日放送の『CDTV ライブ!ライブ!』(TBS系)の4時間スペシャルに、大人気ロックバンド『back number』が出演。約90分にわたるスペシャルライブを披露したが、ボーカル・清水依与吏の〝スキャンダル〟の影響で視聴者からは不評が続出しているようだ。

同日の番組では「back numberフェス」と題し、4時間スペシャルの内90分も使って単独ライブを開催。ライブ前のインタビューVTRでは「いろんな光が足されているのがback numberの形。そこを堪能して欲しい」と意気込みを語り、一曲目に『青い春』を披露する。

その後、『ハッピーエンド』『クリスマスソング』『ヒロイン』といった名曲を熱唱。そしてラストは彼らの代表曲『高嶺の花子さん』で締めくくり、スペシャルライブの幕を閉じるのだった。