カズレーザー“芸能人の炎上”を完全切り捨て!「格好良い」「真理だと思う」

カズレーザー 

カズレーザー (C)まいじつ 

10月1日深夜放送の『カズレーザーと学ぶ。~話題のニュースからみえる人間のアレコレ~』(日本テレビ系)では、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーが、タレントの〝炎上〟に関する持論を展開。彼の意見が、ネット上で話題を呼んでいるようだ。

この番組は3週連続で放送される、カズレーザーが最新の学説や研究を学ぶ教養バラエティー。1回目となる今回は「SNS炎上に見る現代人の怒り」をテーマに、『ジャングルポケット』斉藤慎二とモデルの堀田茜をゲストに迎えて共に炎上を学んでいく。

そこでカズレーザーは「そもそも炎上ってそんなにダメージあるものなんですか?」と切り出し、「タレントさんとかが炎上してダメージ受けるって、なんかもともとタレントさんって、その〝バブルな人たち〟じゃないですか」と説明。さらに「別に実力以上のお金貰ってる人だから、『炎上していいんじゃね?』ってずっと思ってるんですよ」と本音を打ち明ける。

また堀田が「仕事を左右するケースも…」と反論すると、カズレーザーは「そもそも実力以上の仕事を貰ってたから」「(モデルのバラエティー進出など)なくてもいい仕事に重きを置きすぎ」などと熱く語るのだった。

カズレーザーによる自分自身への戒め?

そんなカズレーザーの炎上に関する持論に、視聴者から、

《言われる側の、向こう側の人が言うから格好良い》
《タレント側がこれ言うの凄いね。皆、才能とかを誇示しがちなのに》
《有名税みたいなところはある。どうしても耐えられないなら芸能界やめてる》
《カズレーザー言うねwww でもちょっと真理だと思う》
《炎上して消えてしまうようなタレントは所詮そこまでってことでOK?》
《色々不満を漏らす芸能人も居るけどリスク込みでの高いギャラだものね》

などの反響が。タレント側のカズレーザーが放った意見だからこそ、賛同する人が多いようだ。

「今回の〝実力以上の仕事〟という発言は、彼自身が一番身近に感じていることなのかもしれません。カズレーザーはメディアで取り上げられた全ての発言が〝名言〟扱いされ、SNSなどでは密かに《無難なお手本のような言葉で刺さらない》などと批判されていた人物。本人もコメンテーターなどの仕事を『実力以上』と感じ、批判されても『いいんじゃね?』という精神で乗り越えていたのでしょう」(芸能ライター)

芸能界は無駄に大金が動く世界。カズレーザーも不思議に思いながら日々を過ごしているのだろうか。

【あわせて読みたい】