『格付けチェック』ジャズ演奏が下手? プロに視聴者がダメ出し「音が薄い」

(C)Krakenimages.com / Shutterstock 

10月5日に、人気特番『芸能人格付けチェック 食と芸術の秋 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)が放送された。この中で登場した音楽問題に対して、ネット上では自称音楽通たちがブチギレている。

毎年、正月と3月末や9月末などの改編期に放送されている同特番。音楽通の間で話題になった問題は、3問目の「ジャズセッション」。サックス、トランペット、トロンボーン、ドラム、ピアノ、ウッドベース、フルートの7種類の楽器によるA、B、Cの3つのジャズセッションを聴き分け、すべて本物の楽器による演奏がどれなのかを当てる。

正解は7種類すべてプロが使う一流楽器による演奏。不正解は7種類の楽器の中に4つプラスチック製の楽器が入った演奏。そして、選んだら『絶対アカン楽器』は、7種類の楽器の中でプロが使う本物の楽器は2種類のみ、あとはプラスチック製の楽器が4種類、残り1つはなんと〝人間の口〟という編成だ。

プロよりも音楽に詳しい視聴者たち

この問題に正解したのは、「A」を選んだ『櫻坂46』チーム、ジャニーズチーム、俳優の永山絢斗という若手の面々。DAIGO、堺正章などはプラスチック楽器が入った「B」を、加賀まりこ、勝村政信はプラスチック楽器と人の口の演奏が入った「C」を選んで不正解となっていた。

しかし、これに対して、音楽通の視聴者から物言いが。SNSなどでは

《格付けのジャズ、これダメだよ。 正解のA下手でBが上手いし、なんなら聞き応えもBがあるもん》
《格付けジャズ下手過ぎて、あれは間違えてしょうがないレベル。Cは完全に人の声聞こえて分かるけど、AとBは演奏下手であまりに差がない》
《格付け親に見せられてるが、チェロもジャズも奏者が下手すぎん?》
《全体的に下手すぎ。楽器ごとの息あってないし、どこもまとまってないのでは? てかまずピッチクソすぎん? 最低限合わせようぜ?》
《一流の楽器のくせに 普通に下手じゃない?(やめろやめろー)音が薄いんだよな… ジャズなのに》
《AもBもCもプラスチックに聞こえるから このジャズのセッションは下手なんだなって…》
《ジャズセッションめっっっっっちゃ下手 せめてアインザッツぐらい合わせろよ》

など、なんとプロの音楽家たちを下手だと断罪する声が相次いだのだ。

今回演奏したプロの音楽家たちは、顔写真と名前付きで全員紹介されていた。この放送は、彼ら彼女らへの風評被害となってしまうのだろうか…。

【あわせて読みたい】