広瀬アリスだけじゃない!“にわか知識”でオタクの反感を買った芸能人たち

広瀬アリス 

広瀬アリス  (C)まいじつ 

俳優の広瀬アリスが、10月4日放送の『ネプリーグSP』(フジテレビ系)に出演。オタクにとって常識的な問題を答えられず、視聴者をザワつかせている。

広瀬は「顔と作品名を見て映画監督を答えろ!」との問題が出題されると、「はぁ?」と思わず声を出し、手で口を覆いながら「最悪だ」と意気消沈。アニメ映画『シン・エヴァンゲリオン劇場版』の監督の名前を答える問題が出されると、「どなた?」「誰?」と答えることができず、最後は「はぁーい」と両手を広げて降参。「いや、ちょっと自分エヴァ見てないんですよ…」とお手上げの様子をみせていた。

これに、ネット上では《アリスちゃんがエヴァ知らなかったって信じられない。アニメ好きなら絶対見てると思ったけどなぁ》などと、落胆の声があがってしまった。

「広瀬は大の漫画好きとして知られていて、今年4月に放送された『アメトーーク!』(テレビ朝日系)の『マンガ大好き芸人』では、ゲストとしてロケに参加。メンバーが驚くほどの漫画愛と知識を披露しました。しかし、広瀬が紹介したのは『復讐の未亡人』『ケーキの切れない非行少年たち』『園田の歌』『「子供を殺してください」という親たち』などマニアックな作品ばかりで、本人も『後味めっちゃ悪いマンガが大好き』と笑っていましたね。エヴァシリーズはオタクの王道のような作品で、監督の庵野秀明を知らないというのはオタクをガッカリさせてしまったようです」(アニメ誌ライター)

しかし、これに似たエピソードで好感度を下げてしまった芸能人はほかにもいる。

『鬼滅の刃』を観たと言うと叩かれる矢口真里

元『モーニング娘。』の矢口真里も〝にわかファン〟と批判を浴びている1人だ。

矢口はかつて自身のブログで「子どもの頃から漫画が好きで、芸能界では2~3位になれる位漫画持ってます。一日中漫画読んで過ごす日も多々あります」と明かしておきながら、特に好きな漫画は『ワンピース』、『ドラゴンボール』、『NANA』などと王道漫画ばかりの作品名をあげていた。

こうしたエピソードが続いたことが原因となっているのか、一部からは〝ビジネスオタク〟などと拒否反応を示す人が続出。昨年11月に『胸いっぱいサミット!』(関西テレビ)に出演した際、「映画『鬼滅の刃』を観たというと叩かれる」「何か好きっていうと、メチャメチャ詳しい大好きな人から『オマエが好きって言うな!』といわれる」と告白していた。

一度ついてしまった〝にわかファン〟というイメージを払拭するのは、なかなか難しいのかもしれない。俳優・佐藤健は芸能事務所『アミューズ』から独立した後の唐突な〝オタクアピール〟が露骨だと批判を浴びている。

6月20日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、出演した佐藤は、〝意外な一面〟を告白。 映画監督の大友啓史から「どういう子ども時代だったの?」と話を振られた佐藤は、「僕は…オタクでしたね。わかりやすい言葉で言うと」とコメント。そして作品にのめり込む深度が人より深いと前置きし、「そういうことにこだわる少年でしたね」と自身をオタクだと称した。

さらに佐藤は「クラスの人気者たちとつるむんだけど、実は俺マンガ読んでる方が楽しいなって薄々思っていて」「いま思うと確実に〝ソッチ側〟の人間でしたね」と、学生時代のエピソードを披露した。

作品への愛などを語ったわけではないのだが、佐藤の発言に一部の厄介オタクが過剰反応。ネット上に、

《なんかこの人の言うオタクは信用できない》
《それはただの漫画好きでは?》
《オタクかどうかって… オタクって精神性だから…》

などと厳しい声があがっていた。

一般層から虐げられていた歴史があるからか、オタクは被害者意識が過剰な部分がある。オタクにすり寄る芸能人たちは注意が必要だろう。

【あわせて読みたい】