『関ジャニ∞』解散説が浮上!? ツイッターで“憶測”が飛び交うも…

関ジャニ∞ 

関ジャニ∞ 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

『関ジャニ∞』の大倉忠義が、9月22日に公式ツイッターを開設した。多くのファンはこの行動を歓迎したが、陰謀論好きな一部の層は、これさえも〝解散の予兆〟だと吹聴しているようだ。

大倉がアカウントを開設したのは、記念すべき『関ジャニ』のCDデビュー日。本人であることを証明するために、『今、ボクが伝えたい想いです』と題したグループや後輩への文書を公開している。この後輩の核となるのが、11月にデビューを控えた『なにわ男子』だ。

「大倉は2018年から、メンバーの横山裕とともに、後輩である関西ジャニーズJr.のプロデュースを開始。コンサートの演出やちびっこグループの結成など、育成に励んできました。その象徴が関西Jr.を牽引してきた『なにわ男子』。デビューで関西Jr.を卒業するため、大倉は彼らのプロデュースから外れますが、その思いは特段強いものがあるでしょう」(在阪マスコミ関係者)

その思いの一端を感じられるのが、大倉のアカウント名だ。大倉はアカウント名を『大倉忠義/Producer』と設定している。

『おしゃれイズム』では「グループとしてやっていく」と明言

「『関ジャニ∞の大倉忠義』ではなく、『プロデューサー大倉忠義』としてアカウントを作ったことが、一部の『グループを解散してプロデュースに専念する布石なのでは』との陰謀論を招いてしまったようです。しかし当の本人は、4月に出演した『おしゃれイズム』(日本テレビ系)で、『記事が勝手に出るんですよね。〝次は大倉だ〟みたいな…』と発言。『なんか、〝今の現状がつらそうだ〟みたいな」『つらくないし、僕はグループとしてやっていくつもりなんですけど…』など、根拠のない憶測が報じられているとキッパリ否定しています」(週刊誌記者)

やはり、解散や脱退は根も葉もない嘘だと断じていいようだ。

「『関ジャニ』『嵐』解散と『SMAP』再結成は、もはやエンタメ界の〝風物詩〟。本人たちが直々に否定し、絶対にありえないと明言していても、定期的に疑惑が焚き付けられています。毎度のように叫ばれながら全く実現しない様は、日本経済崩壊説にも似ていますね」(ベテラン芸能ジャーナリスト)

とりあえず『関ジャニ』の解散はなさそうだ。

【あわせて読みたい】