土屋太鳳15分3千円!? 健気なサービスを羨む声

(C)まいじつ

9月7日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)に女優の土屋太鳳がゲストで出演し、お金を支払えば土屋が応援してくれる企画の金額設定に視聴者から大きな反響が寄せられた。

一般人らを対象にして小さな“ドッキリ”を仕掛け、その対応を楽しむ同番組。この日はボウリング場やバッティングセンターの控え室で土屋を待機させ、オプションとして“土屋太鳳が応援してくれる権利”があることを来場者に告げ、リアクションを確かめた。

話題となったのはバッティングセンターを訪れた高校生3人にオプションの存在を告げたシーン。高校生のひとりは代金が3000円であることを知り「電車代や駐輪場もあるし、3000円も払うと帰れない」と嘆いたが、残りふたりが15分ものあいだ、猛烈に説得。半ば強引に押し切って代金を払わせ、土屋を登場させた。

高校生の隣のゲージで「頑張れ」と声援を送る土屋の姿に緊張したのか、高校生のバットに球はなかなか当たらず。土屋は「駐輪代とかいろいろ大変なのに、応援させてくれてありがとうございました」と高校生に礼儀正しく頭を下げた。

 

「2000円でもいいですよ」

「お前だけずるい」と悔しがる友人をモニターで見た土屋は「2000円でもいいですよ」と値下げを提案。再び登場した土屋は、高校野球の甲子園大会で定番の応援歌『狙いうち』を歌いながら応援してみせた。

この様子を見た視聴者は、ツイッター上に《3000円で土屋太鳳に会えるなら全然払う》などと投稿した人が多くいた。また、《土屋太鳳、かわいすぎる。3000円とか安すぎる。10万円でもやる》、《(AKBグループの握手券があるCDを買うのにかかる)1650円で握手しかできないのに比べれば3000円は安すぎる》などと高校生らをうらやましがる声が相次いだ。

さらには、《バッティングセンターで3000円払って土屋太鳳に応援してもらえるなら、俺9000円払って球全スルーして会話するわ》という投稿もあった。

土屋の健気な応援に心打たれた視聴者が多かったようだ。

 

【あわせて読みたい】

違約金を上回る!? 武井咲に「新たな仕事」殺到か

草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由

コード・ブルー「救命病棟24時」そっくり場面多発で視聴者困惑

武井咲結婚も「芸能界引退」はできない理由

木下優樹菜「好きな芸能人1位」常連の理由