『格付けチェック』櫻坂46“口パク”指摘されてファン激怒「土下座しなさい」

(C)Sergey Mironov / Shutterstock 

10月5日放送の『芸能人格付けチェック 食と芸術の秋 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演した俳優の加賀まりこ。番組内で共演者の『櫻坂46』に上から目線でコメントする一幕があり、彼女らのファンから反感を買ってしまったようだ。

一悶着あったのは、ジャズセッションを聞き分ける問題。この問題に加賀はチーム大御所の一員として、「櫻坂46」の田村保乃、渡邉理佐、山﨑天はチーム女芸人とアイドルとして参加した。

加賀は、全てが高級楽器で編成された正解のAセッションを「まず、Aではありません」と切り捨てる。そしてBとCの選択肢で悩み、最終的にCを選択。自信満々な様子で「Bはキレイすぎた! なのでCにした」とコメントしていた。

小馬鹿にする態度が気に入らない? 加賀まりこに批判殺到

また加賀は、正解のAを選択した「櫻坂46」に対して「彼女たちはあまり生演奏で歌わない?」などと小馬鹿にする。そんな彼女の態度に対して、「櫻坂46」のファンからは、

《流石に老害みが強かった》
《さっき加賀まりこが櫻坂に放った一言は失礼極まりねえよなぁ》
《加賀まりこは偉そうに言ってるから余計バカ度が目立つ》
《加賀とかいうおばちゃんは今すぐ櫻坂に土下座しなさい》
《クソババア間違い認めて謝れ。生歌してないって言うなら、あんな激しいの踊りながら歌えてから言えやと思う。櫻坂に謝れや》

などと誹謗中傷が殺到していた。

「加賀は基本的に、どんな芸能人にもマウントをとるキャラ。『櫻坂46』以外にも、自分と違う答えを選んだ若手芸能人を煽っていました。しかし、他のファンは寛容で、あくまでキャラとして加賀の煽りを楽しんでいた様子。必要以上に加賀を糾弾する『櫻坂46』ファンの民度がうかがえますね…」(芸能ライター)

大御所にも臆することなく噛み付く「櫻坂46」ファン。自身たちが「櫻坂46」の株を落としていることに気づいてほしいものだ。

【あわせて読みたい】