加藤綾子“レジ袋有料化”擁護するも批判殺到「スーパーに嫁いだ人だもんね…」

加藤綾子 

加藤綾子 (C)まいじつ 

フリーアナウンサーの加藤綾子が10月6日、自身がキャスターを務める『Live News イット!』(フジテレビ系)に出演。小泉進次郎前環境相が推進したレジ袋有料化の見直しを求める議論が起こっていることに反対意見を述べたが、ネット上では厳しい声があがっている。

レジ袋の有料化はプラスチックごみ節減のため、昨年7月1日からスタート。しかし、マイバッグを持つことで万引きが増えたり、逆に家庭用のポリ袋の購入量が増えるなど、効果が疑問視されていた。

進次郎氏の退任を受けて、消費者の間で見直しを求める声があがっていることに対し加藤は、「せっかく始めたのに大臣が変わったらすぐにやめてしまうのでは、何のために始めたのか分からないです。それに、環境に対する意識改革は進んでいると思うので、これからも続けたほうが良いと思います」と持論を展開し、「どれくらい効果が出ているのか、一方で問題点はないのか、その点は示してほしい」と語った。

加藤綾子の“レジ袋有料化”擁護に批判殺到

そんな加藤に対し、ネット上では

《レジ袋の有料化は反対。環境問題に寄与してるならともかく、ほとんど関係ないことが露呈しちゃったからな》
《この発言は、旦那さんの会社の影響を前提としているのでしょうね。旦那さんは、食品スーパーですからね》
《「せっかく始めたのに」発言はちょっと疑問。メリットは店側にとっての経費節減だろうけど、スーパーに嫁いだ人が言ったら説得力ないよね》
《カトパンマジで見損なった。私情を挟んだ発言ともとれる。我が家の稼ぎが減るじゃない!ってことだろうね》
《意見の根拠が完全に感情論。そのために費やす時間があるなら、レジ袋有料にしたことによってどういうメリットデメリットが結果としてあったのか取材して報道して欲しい》

などと、非難囂々だ。

「加藤は『環境に対する意識改革は進んでいる』などともっともらしい理由を口にしましたが、視聴者の多くが夫の経営するスーパーが影響を受けるからだと思ったようですね。実際、有料化が廃止されれば、スーパーは自前でレジ袋を用意しなければならず、加藤の夫が経営するスーパーの規模だとかなりの額になるでしょう。妻としては家計が逼迫すると思ったのかもしれません。いずれにしても世論は廃止に大きく傾いており、大臣が替わったことで現実味を帯びてきたというのが実情でしょう」(消費アドバイザー)

ゴミ削除に大きく寄与するならともかく、効果が限定的な政策に、「せっかく始めたのに」という理由は通用しない。視聴者の頭に夫のスーパーの影がチラついた時点で、加藤の発言は説得力を失ってしまったようだ。

【あわせて読みたい】