『NEWS23』地震直後の街頭インタビューでハプニング「放送事故?」

(C)Luis Louro / Shutterstock

10月7日放送の『NEWS23』(TBS系)は番組の内容を変更し、同日の地震を報道。街頭インタビューで「放送事故」が発生し、視聴者から「怖い」「リアル」との声が漏れた。

午後10時41分ごろに関東で発生した地震直後の都内を中継。赤坂の路上で一般男性にインタビューした。

マスクとヘルメットを着けた山本恵里伽アナウンサーが男性にインタビュー。揺れを赤坂で感じたという銀髪の男性は、「横に大きく揺れましたね。窓ガラスが割れるんじゃないかっていうぐらい心配でしたね」と振り返る。

周囲の状況や他人の反応を聞いた後、「どういった不安を感じました?」との問いに「不安はとりあえず自宅の心配ですね」と答えたところで、インタビューを受けていた男性とは違う人物の大きな声が路上に響く。直後、インタビューを受けていた銀髪男性の後ろを、男性と思われる人物が猛スピードで通り過ぎた。

インタビュー中に男性が奇声発して通り過ぎる

銀髪男性とインタビュアーが凍り付き、スタジオから「山本さん聞こえますか?」と呼びかけがあったが、インタビュアーはイヤホンを耳に当てたまま動かず。直後、また男性のものと思われる奇声が聞こえたところで、スタジオから「こちら、いったん引き取ります」とインタビューを中断。画面は新宿駅前に切り替わった。

男性が相次いで奇声を発したと思われるインタビュー中のハプニングだったが、視聴者はこれを「放送事故だ」と評している。

《地震発生したときのTBSだったかな? お兄さん取材受けてるとき、なんか叫び声かな? あれ絶対に放送事故じゃないかなと思ってる》
《TBSの放送事故面白がってる人多いけど、私は怖いと感じてしまうわ》
《TBSの放送事故? 音だけ聞いてたからホラーだったな…》
《放送事故ってトレンドにあったから何かと思ったらTBSのあれはやばいやろ》
《生放送に割って入るだたのクソバカ男じゃん》
《地震で真面目に情報集めようってときに、TBSで放送事故w》
《でも、こういう状況下だと、こういう人がいる方がかえってリアルなようにも思える…》

なお、8日は山本アナの誕生日。なんとも気の毒な誕生日前日となった。

【あわせて読みたい】