『FNS歌謡祭』で仲間由紀恵の“黒歴史”が…「やめてあげてよ!」

仲間由紀恵 

仲間由紀恵 (C)まいじつ 

10月6日放送の『2021 FNS歌謡祭 秋』(フジテレビ系)に、俳優の仲間由紀恵がVTR出演。〝黒歴史〟として有名な楽曲について語り、視聴者を騒然とさせていた。

この日の番組では「フジテレビの音楽史に残る名曲・名演を100曲以上大放出」と題し、アーティストのパフォーマンスの他、名曲などを映像と共に紹介。そこで「女優のうた」というコーナーが登場し、広末涼子や永作博美などの歌唱映像が流れる。仲間もこのコーナーでピックアップされ、過去に結成していた『仲間由紀恵 with ダウンローズ』が歌う『恋のダウンロード』の映像が放送された。

そしてVTRで本人も登場し、「恋のダウンロード」にまつわるマル秘エピソードを語ることに。同楽曲には「好きな人…〝それは君だ!〟悔しいけれど…〝認めます!〟」というセリフがあるのだが、仲間は「あのセリフはレコーディングの時に『フリーでお願いします』と言われて何パターンか。歌はあまり自信ないけど、セリフはいろんなパターンを考えていこうと思って」と裏話を明かしていた。

真の黒歴史は『恋のダウンロード』以外にも…!?

「仲間由紀恵 with ダウンローズ」について触れる仲間に、ネット上では、

《仲間由紀恵の黒歴史、ダウンローズ》
《恋のダウンロードって、仲間由紀恵さんの中で黒歴史なんだとてっきり…》
《やめてあげてよ! 黒歴史を掘り起こすの!》
《仲間由紀恵に恋のダウンロードのこと聞くのやめろよ。あれこそまさに黒歴史だろwww》
《FNS歌謡祭で使ってるということは、黒歴史ではないというアピールなのか?》

などの反響が。視聴者の中ではやはり「恋のダウンロード」は黒歴史扱いされているようだ。

「『仲間由紀恵 with ダウンローズ』が目立っていますが、仲間はソロで音楽活動をしていたことも。90年代中頃のことで、アクションゲーム『ロックマンX4』のオープニングテーマ『負けない愛がきっとある』や、恋愛ゲーム『トゥルー・ラブストーリー』の主題歌『トゥルー・ラブストーリー ~恋のように僕たちは~』などを歌っています。どれもヒットには恵まれなかったため、他の楽曲の方が『恋のダウンロード』よりも〝黒歴史度〟は高いのではないでしょうか。今回の放送でも、《ロックマンX4とかいう仲間由紀恵の本物の黒歴史の話してる?》といった反響がチラホラ見受けられました」(芸能ライター)

地上波で話せる「恋のダウンロード」は、仲間にとってマシな部類なのかもしれない。

【あわせて読みたい】