『VS魂』相葉雅紀の“歌手復帰宣言”にファン怒り?「切り替え早い」

相葉雅紀 

相葉雅紀 画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

10月7日放送の『VS魂』(フジテレビ系)で、『嵐』の相葉雅紀が事実上の「歌手復帰」を宣言した。視聴者からは歓迎する声が相次いだが、活動休止中の『嵐』での歌手活動を望むファン層からは異論も出ている。

9月9日放送分の学校体育館でのロケ後、魂メンバー6人が教室に集合。『King & Prince』の岸優太が今後番組で取り組みたいことがないか意見を募った。

相葉は「主題歌! このメンバーで」と宣言。他メンバーが「いいですね!」と喜ぶ中、相葉は「FNS歌謡祭、出よう!」と呼び掛けた。普段は俳優業がメインの風間俊介は「みんながFNS出るのと、意味が違うからね」と驚いた。

『VS魂』の主題歌プロジェクトがスタートへ

別日に楽屋にいた相葉に改めて意思を確認したところ、「本気なことしか言わないタイプの人間だけど」と口に。「本気! 本気!」「今までやってきてないこととかを挑戦していきたいな、っていうのは単純に思ってたから」と動機を語った。前身番組『VS嵐』(同系)時代を含めて主題歌作りには挑戦していなかったとしながら、「魂メンバーとしても団結感が出るし、番組も盛り上がったらいい」と期待した。

相葉は『サンボマスター』の曲に感銘を受けているといい「やってもらいたいな」と曲を作ってほしいと熱望。「忙しい方たちだからね…」と心配したところで相葉の出演シーンは終了。番組終了直前にはサンボマスターの3人と番組サイドがリモート会議システムを用いて話し合う光景も映っており、次回以降「主題歌プロジェクト」がスタートすると思われる。

大半の視聴者は大喜びしていたが、活動休止中に歌うことに異論を唱えるファンもいるようだ。

《嵐のメンバーが別々の場所で仲間を作ってまとまってやっていくの寂しいな》
《嵐って個人でも休止中は「歌う」っていうカテゴリーだけはNGだと思ってた》
《レコメンとかで個人で歌うのは大歓迎なんだけどやっぱり嵐が歌って踊るのを見たいので…》
《あくまでも番組のためと思っても、休止している今、嵐メンバー以外でパフォーマンスすることに戸惑っている》
《翔くんは嵐戻ってこなかったら永遠に歌も踊りもしなそうだよなぁ》
《嵐休止後も仕事楽しんでくれたらいいけど、切り替え早いな…。気持ち置いてかれてる感じ》

今後、5人で歌う姿はもう見られないのだろうか…。

【あわせて読みたい】