東出昌大“3年ぶり主演”にバッシング…露出増加も「どこに需要があるの?」

東出昌大 (C)まいじつ 

俳優の東出昌大が3年ぶりに主演を務めた映画『草の響き』が10月8日に公開された。

同映画は北海道・函館市出身の作家・佐藤泰志氏の短編小説が原作。東出は精神科の医師に勧められるまま、治療のために毎日ひたすら同じ道を走り、記録をつけ、平穏を見いだしていこうとする和雄を演じている。

都内では4館でスタートするなど、大々的に公開される映画ではないが、東出にとっては3年ぶりの映画主演ということで、本人も撮影時から並々ならぬ力の入れようだったという。ファンにとっては待望の公開となっている。