『ダウンタウンDX』大音量で咀嚼音…「マジで無理」「虫唾が走る」

松本人志 

松本人志 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

熱狂的なファンが存在することからネット上で注目を集めるも、「嫌い」という層も多く抱える「ASMR」。この音声を流した10月7日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)2時間SPが、視聴者から猛批判を浴びて大炎上した。

この日はスマホ調査SPと題し、ゲストのスマートフォン事情が丸裸に。通販履歴やLINE相手、よく視聴しているYouTubeチャンネルなど、あらゆる利用法が明かされていった。番組終盤、好きなYouTube動画が話題になると、ゲストたちは実際の映像とともにその魅力を熱く語る。

ここで東京五輪金メダリスト・須崎優衣選手が紹介したのは、「MIYU ASMR」というASMRチャンネル。MIYUという大食いYouTubeがひたすらに爆食し、集音マイクで咀嚼音を強調するという内容を「ザクザクとか、モニョモニョとか、そういう食べてる音が」と称賛した。

実際に流れた映像でも、MIYUはかなりの咀嚼音を響かせながら黙食している。「ガリガリ」「クチャクチャ」という大きな擬音に、『ダウンタウン』は「すごいなこれ」と意味深なリアクションだ。再度、須崎選手がその魅力を語っていると、ここで地震のニュースが入って放送は打ち切られたのだった。

須崎優衣選手の「MIYU ASMR」に視聴者悲鳴

須崎選手は絶賛したこのチャンネルだったが、視聴者にとっては気分が悪かったようだ。流れた映像での大音量の咀嚼音に、〝不快感〟を覚える者も多かったよう。ネット上には

《気持ち悪い 急に流すの止めてくれ》
《音で気持ち悪くなっちゃった》
《テレビではASMRを流さないで欲しい。 嫌いな人に聴かせてどうする?》
《マジで咀嚼音ASMRがキモすぎる。ダウンタウンDX見てたらいきなり来たけどマジで無理。クチャクチャベチャベチャと他人が出してる音聞いて癒されるとかありえねぇわ。 マジで不愉快だし気持ち悪いわ。ほんと無理》
《クチャラー見てるようで虫唾が走る》
《咀嚼音のASMR、どんな音やとしてもほんまに苦手で、ダウンタウンDX流してたら突然咀嚼音流れ出してアアアアアアアアとなっている…》

などと猛批判が吹き荒れた。

好きな人だけ見に行くYouTubeとは違い、テレビは苦手な不特定多数も目にするもの。突然ASMR動画を流したりせず、もう少し配慮すべきだっただろう。

【あわせて読みたい】