『サンドウィッチマン』ファンはイタすぎる? キンコン西野信者よりもキツイ理由

サンドウィッチマン 

サンドウィッチマン (C)まいじつ 

その人自身だけでなく、ファンや信者が気味悪いためにマイナスイメージがついてしまっている芸人は多い。

代表的なのは『キングコング』西野亮廣だろう。勝手に絵本や映画を作っているだけならまだしも、それにまつわる狂信者の存在によって、もともと悪かったイメージはさらに悪化。手の付けられないところまで来ている。

「西野はその端正なルックスと詐欺師顔負けの話術を活かして、女性はもちろん男性までも虜に。ネット上では西野信者が映画『えんとつ町のプペル』を何度も見るという異常な行動が話題となり、その界隈に変なイメージが定着してしまいました」(芸能記者)

最近では、ユーチューバーの宮迫博之にもやばいファンがついていると話題だ。

「宮迫はユーチューバーになって以降、〝宮迫キッズ〟と呼ばれる狂信者を多数獲得しました。それで勝手に再生回数を伸ばしているだけなら良いのですが、彼ら彼女らは、宮迫のことを悪く言った芸人たちのSNSに突撃し、罵声を浴びせまくっているのです。これまでに今田耕司、千原ジュニア、そして元相方の蛍原徹なども宮迫キッズの攻撃の対象に。こうしたファンのせいで、宮迫はもともと悪かったイメージがさらに悪くなりましたね」(同・記者)

妄想がすぎる「サンドウィッチマン」ファン

そして最近台頭しているのが、『サンドウィッチマン』のファンだ。好感度ナンバーワンの彼らが、変な信者によってピンチに陥っているという。

「『サンド』のファンはハッキリ言って、西野や宮迫のファンより質が悪い。サンド信者は、サンドのことを〝人を傷つけない笑い〟と崇めて絶賛しているのですが、そもそもサンドは〝人を傷つけない笑い〟などやっていないのです。コントや漫才では同性愛者のことを茶化すのが定番化しており、私生活では後輩の私物のブランド品を傷つけて爆笑しているという超パワハラ体質。つまりサンドの信者は、サンドのことをよく知らずに、サンドのことをイメージだけで絶賛しているというとんでもないニワカだらけなのです」(同)

対象への愛が深まるあまり暴走している西野信者や宮迫キッズに対して、サンド信者は妄想で対象者を崇めるという一歩進んだステージにいる。サンド・伊達みきおは「『人を傷つけないネタやりますね』って言われるけど、そんなこと考えたこともないしね。誰かを傷つけてます。世の中には全員傷つけないネタなんてないです」「良い人って持ち上げられるのはしんどい」ときっぱり言い放っている。しかし、それでも信者は

《好きなお笑い芸人はと聞かれたらサンドウィッチマンと速攻で答えます。サンドウィッチマンさんの人を傷つけない優しいお笑いネタが好き》
《サンドウィッチマンみたいに優しいだけじゃないけど、誰も傷つけないボケとツッコミがみんな好きよね。この人は絶対に傷付けないって思わせること大事…大事!》
《サンドウィッチマンさんのお笑いは誰も傷付けないお笑い。優しいお笑いなのが好きです》
《『誰も不快にさせずに笑いを取る名人』って言ったらやっぱりサンドウィッチマンと飯尾さんなんだよなぁ~~》
《サンドウィッチマンのプロフェッショナル感動した 誰も傷付けないどころか人を救う笑いって偉大だ》

と、存在しない出来事でドヤっている。

一体信者にはどんな風に世界が見えているのだろうか。

【あわせて読みたい】