『日本沈没』香川照之の演技が酷すぎる?「わざとらしい」「普通に喋って」

日本沈没 ―希望のひと― 香川照之 

日本沈没 ―希望のひと― 香川照之 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月10日より、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の放送がスタートした。豪華キャストが勢ぞろいしたが、ネット上では香川照之の演技に批判的な声が相次いでいる。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

第1話では、東山総理が、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに〝未来の日本〟を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた〝日本未来推進会議〟を発足すると発表。そのメンバーに天海や常盤も選ばれる。

香川照之「人と話し慣れていない感を出した」

そんな中、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所の記事が載り、天海は事態収束のために田所と対面。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放ち、天海は翻弄されることになるのだった。

田所は天然パーマで、研究オタクのような個性的な風貌と喋り方。ドラマ内ではかなりの存在感を放っているが、ネット上では

《香川普通に喋ってくれ》
《香川照之の喋り方は、これでいいの?笑》
《なんでこんなコントの爺みたいな喋り方してるの?》
《今回の香川さんは作りすぎって感じであんま好きじゃない…喋り方》
《香川照之は誰かのモノマネでもしてるの?》
《香川さんなら、こんなコントみたいなわざとらしい喋り方しなくても、十分クセモノ感ある学者の演技できると思うんだけどなぁ》
《ちょっと香川照之、キャラ作りすぎよね。大和田常務以降…》

など、演技が大げさすぎると苦言が相次いでしまった。なお、ドラマの公式ツイッターではこの演技の裏話として、《研究に没頭し、人と話し慣れていない感を出したとのこと》と明かされている。

日曜劇場『半沢直樹』(TBS系)で超オーバーな演技が話題となった香川だが、今作ではそれを求めている人は少ないようだ。

【あわせて読みたい】