『日本沈没』ホラン千秋の“ナレーション”にガッカリ!?「馴染んでない」

ホラン千秋 (C)まいじつ 

10月10日より、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の放送がスタートした。超豪華キャストと壮大なスケールで作られる作品だが、ネット上では〝とある点〟に落胆する声が多くあがっている。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作『日本沈没』。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。