『日本沈没』公式の“超ネタバレ”に批判殺到「最悪じゃん」「シラケたわ」

日本沈没 ―希望のひと―  小栗旬 

日本沈没 ―希望のひと―  小栗旬 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月10日より、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の放送がスタートした。多くの視聴者から絶賛の声があがったのだが、「ネタバレしすぎ」との意見も寄せられている。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山ケンイチ)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

第1話では、東山総理が、世界環境会議で地球物理学の権威である世良教授(國村隼)のもと「COMS<コムス>」のさらなる推進を高らかに表明した。さらに〝未来の日本〟を見据えて各省庁の優秀な若手官僚たちを集めた〝日本未来推進会議〟を発足すると発表。そのメンバーに天海や常盤も選ばれる。

そんな中、ネットに関東沈没へ警鐘を鳴らす田所の記事が載り、天海は事態収束のために田所と対面。しかし、田所は天海の話に一切耳を傾けず、「近い将来、伊豆沖で島が沈没する。その島の沈没は、私が恐れてきた関東沈没の前兆になる」という不気味な予言を放った。

『日本沈没』第1話の終盤でネタバレ?

その後、田所の持論をよく思わない政府が、彼を論破しようと海底調査を始め、〝関東沈没〟をデマだと決めつけるスタンスで田所を議論の場に呼んだ。だがそんな時、田所が予言していた伊豆沖での島の沈没が起きてしまう…。

第1話放送後、〝第2話の予告〟ではなく、〝今後の展開〟の予告映像として、関東が沈没する様子、船で逃げていく人々、天海と常盤が言い争うシーンなどが映しだされた。どれも目を引くシーンばかりだったのだが、視聴者からは

《日本沈没めっちゃ面白かったけど予告で色々流しすぎてネタバレ半端ないw》
《日本沈没の予告めちゃくちゃネタバレしてたな。もう沈没してたもん》
《日本沈没の最後 今後の展開? あれ超絶ネタバレし過ぎて最悪じゃん。え、なんであれ組み込んだん?  え、要らなくない? シラケたわ》
《今後の展開という名のネタバレがひでぇ》
《今後の展開先のほう見せすぎだろw 海外避難とかもっと先の話やんw公式ネタバレすなw》
《面白かったけど1話の最後に「今後の展開」の映像流しすぎやろ!もっとドキドキしながら見たいのに。ネタバレしすぎちゃうんか?》

など苦言が相次いでしまった。

原作が有名とはいえ、ハラハラしながら見たい視聴者にとって、これ以上ないほどの興ざめだっただろう。

【あわせて読みたい】