マツコと有吉弘行が対立!“栗ごはん”をめぐる激論に視聴者は…

有吉弘行 マツコ・デラックス 

有吉弘行 マツコ・デラックス (C)まいじつ 

10月8日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)2時間SPで、マツコ・デラックスが『栗ご飯』の評価の低さにショックをあらわにした。

番組冒頭、視聴者から「栗ご飯でテンションが上がらない」「モンブランや栗きんとんなど、他の栗料理に比べて栗のポテンシャルを活かしていないと思います」というメールが寄せられると、マツコは「こんなにも意見の合わないメールははじめてってくらい」と仏頂面に。

しかし、盟友・有吉弘行も「嫌ってことはないけど、合ってない」「ちょっと栗の独立感が…。他の炊き込みご飯と比べたら…」とメールに理解を示したため、マツコは「ショック。そんなふうにみんな思ってたんだ、栗ご飯のこと」とガックリ肩を落とす。

マツコ・デラックスが絶叫「実質1位じゃない!」

その後も、マツコは愛する栗ご飯のために大暴れし、スタッフの調べた人気炊き込みご飯ランキングが「1位きのこ、2位栗」なのを見て「きのこって広すぎ」「あれを細分化したら栗が実質1位じゃない!」と絶叫。「栗ご飯って栗の甘さよ。分かる? この繊細な、凄く繊細なんだけどごちそうなのよ」「これ見よがしに味ついてますよ、っていうのじゃなく『ありがとう』って」などと熱弁し、ネット上にも

《有吉に同意だな 混ぜてある系のご飯では一番合わない》
《栗好きじゃないけど栗ご飯はわりと好きだわ》
《栗は下処理が面倒くさい》
《モッチリ粘り気のあるご飯の中にモッサリした栗は合わないと思う》
《栗ご飯は美味いが、作るのが無茶苦茶大変 皮剥きに時間が掛かる上に、ナイフや包丁で皮剥くときに手をケガするリスク大》

など、この論争を受けて賛否が飛び交ったのだった。

ちなみに、皮付きの栗を剥くときは、指サックを付けると滑らず剥きやすくなる。栗を剥いて口にする機会があれば、是非やってみるといいだろう。

【あわせて読みたい】