『ラジハ』視聴率“急落”で早くもピンチ! 低迷でスポンサー離れも加速?

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 窪田正孝 

ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~ 窪田正孝 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月11日、俳優・窪田正孝が主演するドラマ『ラジエーションハウスII~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)第2話が放送された。初回より視聴率が急落してしまったようだ。

2019年4月期の「月9」ドラマとして放送された窪田主演の『ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~』の続編となる同作。主人公の天才放射線技師・五十嵐唯織(窪田)が、放射線科医で五十嵐に人知れず思いを寄せる甘春杏(本田翼)、五十嵐にひそかに恋心を抱く広瀬裕乃(広瀬アリス)、部下思いの放射線技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)ら個性的なメンバーと力を合わせて、〝視えない病〟を診つけ出していく。

初回の世帯平均視聴率は11.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と順調なスタートを切った同作。しかし第2話では9.8%と、早くも二桁割れ。いきなり窮地に立たされている。

鉄板の医療ドラマのはずが…

「今の時代、二桁なら上出来、8%超えていれば問題ないといった感じなので、9.8%は決して悪い数字ではありません。しかし『ラジハ』に関しては、前作は13%超えを連発、特別編にいたっては15.6%を超えていた鉄板タイトル。二桁割れは、予想外の低調でしょうね。そもそも、数字が取りやすい医療モノでこの結果となると…」(芸能記者)

このままでは、スポンサーも離れかねない状態だという。

「『ラジハ』は真面目な医療ドラマであるため、若者の関心は低く、ネット上では他のドラマに比べると全然話題になっていない。同クールに放送されている杉咲花主演のドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)は視聴率8%台ではありますが、若者の関心はかなり高い。放送時のツイッターやネット掲示板の盛り上がりは、『ラジハ』の比ではありません。すると若者に関心を持ってもらいたいスポンサーは、視聴率に差があるとはいえ、『恋です』を選びたくなってしまうのです」(同・記者)

第3話の出来が、今後を大きく左右しそうだ。

【あわせて読みたい】