『SUPER RICH』江口のりこ“年齢設定”に違和感?「無理がある」

江口のりこ 

江口のりこ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月14日、江口のりこ主演のドラマ『SUPER RICH』(フジテレビ系)の放送がスタート。評判は上々なのだが、とある点に対してツッコミが相次いでいる。

主人公は、プライベートを顧みず、仕事一筋で生きてきたベンチャー企業『スリースターブックス』の社長・氷河衛(江口)。裕福な家に生まれ、これまでの人生において、お金に困ったことは一度もない。「お金があれば何事も解決できる」と考え、より多くの利益を出すため、せわしなく働く日々を送っている。そんな中、インターン試験を受ける貧乏学生・春野優(赤楚衛二)と出会う。

「第1話の世帯平均視聴率は7.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。〝フジテレビ系木曜ドラマ枠〟でこの数字は大健闘でしょう。5~6%台が平均のこの枠でこれだけ高いのですから、視聴者の期待度と注目度の高さがうかがえますね。江口は民放ゴールデン・プライム帯連続ドラマで初主演なのですが、十分に主演を務めるだけの〝ひき〟があったようです」(芸能記者)

第1話の評判も申し分なく、視聴率のさらなる上昇が見込める同作。しかし、人物設定には違和感がかなりあるようで…。

47歳の戸次重幸は37歳役で出演しているが…

「俳優とキャラクターの年齢差がありすぎるのです。41歳の江口が演じている氷河は、設定では36歳。47歳の戸次重幸が演じている一ノ瀬亮は、設定では37歳と、特にこの2人が不自然。37歳設定の会社の財務責任者・今吉零子(中村ゆり)がタメ口で2人と接しているのですが、中村の実年齢が39歳なうえに童顔であるため、年下が偉そうに上司に指図しているようにも見えてしまいます」(同・記者)

ネット上でも年齢設定に対しては、

《中村ゆりと江口のりこが同い年設定は無理があるw》
《戸次が37歳が1番無理w 見えない》
《戸次さんも江口さんも45歳設定くらいでよかったんじゃ? 若くした理由はなんだろう》
《出演者に合わせて年齢設定も少し上げれば良かったのに》
《年齢設定どうにかならなかったのかな? 江口さんと中村ゆりが同学年には見えないよ》

といったツッコミが寄せられている。

同作は多くの俳優が出演を拒否して、江口にオファーが回ってきたと報道されている。年齢設定がおかしいのは、これが原因なのだろう。

【あわせて読みたい】