ビートたけしが94年バイク事故の真相明かす

(C)まいじつ

9月9日から10日にかけて放送された『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ系)内で、『池上彰が見た!たけしと戦後ニッポン』の企画の際、ビートたけしが1994年に起こしたバイク事故について、その時の心境を改めて語った。

池上彰が、事故現場は緩やかなカーブで、事故を起こしにくい場所だったことを指摘し、「死んでも構わないと思っていたのではないか」と尋ねた。するとたけしは「そこが自分でも気になる。自分で(ぶつかりに)行った気がしないでもない。『行けー!』って、やったかもしれない」と自殺を否定しなかった。

さらに、高級車を所有しているにもかかわらず、あえてバイクを買って乗ったということも含めて、どこかで自殺を考えていたのではないかと語った。

 

超大物でも抱える仕事の悩み

当時のたけしは、お笑いの仕事はあまりなかったものの、『ビートたけしのTVタックル』(テレビ朝日系)や『世界まる見え!テレビ特捜部』(日本テレビ系)などでテレビ界では安定していた人気を誇っていた。

しかし、本人は仕事がうまくいっていないと感じており、一緒に飲んでいた友人から「最近、仕事の愚痴が多くなってきた」と指摘されたこともあったという。

一番精神的にこたえたのは、自身が監督を務めた『ソナチネ』がフランスではかなりの評価を得ていたにもかかわらず、日本では興行成績が思わしくなかったことだったそうだ。

たけしは、人から良くも悪くも評価されることは当然と思っていながらも、「かなりのお金を使わせて2週間で公開中止にさせた」という評判を聞き、ショックを受けたといい、この心境がのちのバイク事故につながった可能性がある。

今回の告白に対しツイッターでは、《ビートたけしですら評価やらに悩んでいたのだと思うと、僕も明日も頑張ろうと思った》や、《自殺だった可能性を否定しなかったのは驚いた》などの反響が寄せられている。

バイク事故からわずか3年後、映画『HANA-BI』が、第54回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞することになる。バイク事故の経験がいまに生きているのかもしれない。

 

【あわせて読みたい】

反省ゼロ!狩野英孝と宮迫博之「アメトーーク」共演に非難殺到

武井咲がドラマでも妊娠!視聴者騒然の事態

ユニセフがチリで「エイリアン動画」を公開した目的

今井絵理子衆院議員に新たなスキャンダル発覚か 

草彅剛が今年5月に路上で涙した本当の理由