吉高由里子『最愛』胸クソ展開に悲鳴「ゾクゾクして怖い」「1人で見れない」

吉高由里子 

吉高由里子 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月15日より、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の放送がスタートした。初回から〝胸糞展開〟をニオわせるシーンに、視聴者が戦慄している。

同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリーだ。

第1話では、高校時代の梨央や大輝の様子が描かれた。2006年、梨央は東京の大学の薬学部に進学を希望する高校3年生。白山大学陸上部男子寮の寮夫として忙しく働く父・朝宮達雄(光石研)に代わり、弟・優(柊木陽太)の面倒をよく見る、寮の看板娘だった。その梨央が恋心を抱いていたのが、陸上部のエースである大輝。大輝もまた梨央に思いを寄せており、彼女の推薦入試が終わったら告白しようと決めていた。

そんなある日の夜、達雄が留守にしていた寮で〝事件〟が起こる…。梨央は寮で大学院薬学部2年・康介(朝井大智)と喋っている最中に突如、気を失う。目が覚めると、自宅の布団で寝ていたのだが、達雄は「ごめんな。お父さんがもう少しはよ帰っとれば…」と神妙な表情を浮かべていた。

実は吉高由里子が乱暴されていた!?

その後、達雄はくも膜下出血で突然死してしまう。梨央が達雄の遺品を整理していると、なんと部屋から血まみれの康介のシャツが出てくる。そこで梨央は〝あの日〟に、康介から「朝になったらぜ~んぶ忘れとるわ」と囁かれながら〝なにか〟をされていたことを微かに思い出すのだった…。

「ドラマを素直にみると、梨央が康介に薬を盛られて乱暴された、そして怒った達雄が康介を殺害した…という展開を推測できます。しかし梨央の弟には、〝興奮すると記憶が飛んでしまう〟という性質があり、それを梨央も持っているのであれば、梨央が知らない間に康介を殺害したかも…とも考えられます」(芸能記者)

いずれにせよ、〝主人公が乱暴された〟とにおわせる展開に、視聴者からは

《おもしろそうだけど、核となる事件が胸糞案件すぎて今後何度もフラッシュバックとかされるのキツくてリアタイはできないな》
《初回から何この胸糞展開》
《下調べ無しに見始めたんどけど正直苦手な感じだな。胸糞悪いというか。殺される人間は殺されるべくそうなった的な》
《最愛一人で観るのきついってくらいゾクゾクして怖い 毎週5人くらいで手繋ぎながら観たいな》
《面白そうではあるんだけどまたレイプか…になる もう創作で女の子に傷を作るためには強姦一択みたいなの嫌だ… いつまでその流れやるんだろう》

といった声があがっている。

なにはともあれ、つかみは成功したようだ。

【あわせて読みたい】