『最愛』吉高由里子の“高校生役”にツッコミ「無理がある」「制服姿で草」

吉高由里子 

吉高由里子 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月15日より、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の放送がスタートした。吉高が高校生を演じたが、視聴者からツッコミが殺到している。

同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリーだ。

第1話では、今から15年前の2006年、高校時代の梨央や大輝の様子が描かれた。梨央は東京の大学の薬学部に進学を希望する高校3年生。白山大学陸上部男子寮の寮夫として忙しく働く父・朝宮達雄(光石研)に代わり、弟・優(柊木陽太)の面倒をよく見る、寮の看板娘。その梨央が恋心を抱いていたのが、陸上部のエースである大輝。梨央は大輝が出場する駅伝の地区選考会に駆けつけ、精一杯声援を送っている。

「若い寮母さんかと思った…」

しかしある事件のあと、梨央は大輝に何も告げずに上京。こうして2人は離れ離れになるも、その15年後、殺人事件をきっかけに再会を果たすのだった…。

童顔で有名な吉高だが、33歳の彼女が高校生役を演じたことには、さすがに無理があったようだ。ネット上では

《正直、高校生は無理がある。話入ってこないわ》
《吉高由里子、高校生は無理だって。ちゃんと断ろう?笑》
《吉高由里子が高校生の設定とは思わず途中まで見てて、大学受験に行く所で気付いてびっくりした》
《なんの前情報ももたずに見たせいで 最初吉高さんの役割がなんだか分からず、若い寮母さんかと思った…》
《吉高由里子が高校生役で頭バグった。中盤まで距離感間違えてる先生役?とか思ってたら制服姿で草》
《いやいや、いくら若く見えるからって高校生役は無理あるし、最初は高校生設定と気が付かんかったよ!》

など、混乱したという声が多くあがっている。

第2話からは年相応の役で登場するので、大目に見てほしいところだ。

【あわせて読みたい】