『Mステ』松田聖子の“顔”に違和感…「真っ白」「絶対アップNG」

松田聖子 

松田聖子 (C)まいじつ

10月15日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)35周年記念4時間スペシャルに、歌手の松田聖子が出演。煌びやかな舞台で楽曲を披露したが、視聴者の注目は〝まばゆい照明〟に集まったようだ。

東京・豊洲にある『チームラボプラネッツTOKYO』から中継で登場した松田。1万3千株の蘭が咲く美しい空間で、30年ぶりに名曲の『瞳はダイアモンド ~Daiamond Eyes~』を披露することに。

足元に数台の照明が置かれた舞台で、松田は顔に光を集めながらしっとりと歌唱。彼女の美しい歌声が花のステージに響きわたる感動のパフォーマンスを披露した。

松田聖子はまるで光を操る妖精?

ベテランの松田による圧巻のステージだったが、視聴者は彼女の顔が白飛びするほどのライティングが気になった模様。しかもアップの映像がなく、常に全身が映るような引きで撮影されていたため、ネット上では、

《松田聖子ライトすごいな(笑)》
《顔にライト当てすぎて真っ白くなってんじゃん》
《ライトに仕事させすぎな松田聖子。すげえなぁ。いつまでこの路線でいくんだろう》
《絶対にアップで映さないのな。そしてライト当てすぎ》
《松田聖子はアップNGだよな。あとライトがすげぇし、注文うるさそう。別に年齢いってるんだから、シワあってもいいんやで?》

などの反響が続出している。

「歌よりも注目が集まった松田の〝ライト問題〟は、10月14日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)出演時にも話題になりました。『嵐』の櫻井翔と対談する松田の周囲には複数のライトが設置され、なんと櫻井の背後にも煌々と光るライトが置かれていました。やはり同番組の視聴者も気が気ではなかったようで、《ライト当てすぎて顔がないwww》《もっと自然じゃダメなのかな?》といった声があがっていました」(芸能ライター)

実年齢よりもはるかに美しい松田だからこそ、不自然なライティングに違和感を覚える人が多いのかもしれない。

【あわせて読みたい】