『日本沈没』松山ケンイチ“過去最高”と大評判!「こんなイケメンでした?」

松山ケンイチ 

松山ケンイチ 画/彩賀ゆう (C)まいじつ 

10月17日、小栗旬主演のドラマ『日本沈没 ―希望のひと―』(TBS系)の第2話が放送された。ネット上では、松山ケンイチの〝かっこよさ〟に改めてほれぼれする声が相次いでいる。

原作は1973年に刊行された小松左京による不朽の名作「日本沈没」。今作では大きくアレンジを加えて、2023年の東京を舞台に、環境省の天海啓示(小栗)、経産省の常盤紘一(松山)、東山総理(仲村トオル)、地震学者の田所雄介(香川照之)、週刊記者の椎名実梨(杏)などが国家の危機に立ち向かっていく。

「松山が演じている常盤は、天海のことをいつも気にかけてくれている良き理解者。正義感が強くて後先考えずに突っ走っていく天海を冷静かつ温和にサポートしている姿は、『半沢直樹』(TBS系)の渡真利(及川光博)に通じるものがありますね」(芸能記者)

「松山ケンイチってこんなイケメンでした!?」

『半沢』の渡真利は大人気キャラで、及川自身の人気も爆上がりしていたのだが、今回の「日本沈没」では

《ドラマ日本沈没、松山ケンイチってこんなイケメンでした!?という視点で見てる》
《ねえ、松山ケンイチめっちゃカッコいいんだけど…こんなカッコよかったっけ?》
《松ケン、今の感じがむちゃくちゃ好み!》
《日本沈没の松山ケンイチ、マジ渡真利》
《しかし松山ケンイチがイケメンなドラマだ》
《日本沈没の松ケンがすごいイケメンに見える…。今までになくイケメンに…何故だ…》
《松山ケンイチってこんなにイケメンでしたっけ? 日本沈没、最初から見ときゃよかった…》

など松山を絶賛する声が殺到している。

「松山は現在、妻の小雪や子どもたちとともに、半年は田舎、半年は東京という半スローライフな生活を送っているようです。北海道では松山&小雪の目撃情報が相次いでいますね」(同・記者)

このドラマを機に、また仕事のオファーが殺到しそうだ。

【あわせて読みたい】