『ロンハー』パンサー尾形が“放送禁止用語”連呼「怒られるぞ」「新鮮すぎる」

パンサー 尾形貴弘 

パンサー 尾形貴弘 (C)まいじつ 

『パンサー』の尾形貴弘が10月19日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に出演。ドッキリ企画でカメラの「密着」が入る中、放送禁止用語とみられる言葉を連呼して視聴者をドン引きさせた。

『パンサー』の菅良太郎、向井慧がドッキリに協力。尾形を含めた3人を取り上げようと『情熱大陸』(TBS系)の密着が入った、とのドッキリを行うことに。途中、マネジャーがパンサーにエロ番組の仕事が入ったと伝えた。

「ピー音」だらけ「どこをオンエアしていいか…」

この新しい番組の打ち合わせにも、「情熱大陸」のスタッフに扮した仕掛け人が密着。「エロって一生なくならない」などと力説した尾形は、「こそこそビデオボックスにも行ったりしますけど…」と自ら暴露。立ち上がって企画内容を実演するなどしたが、ひわいな言葉を連発したのか「ピー」音が続出。モニタールームで尾形の姿を見守っていたスタッフが「どこをオンエアしていいか…」と漏らす中、『ロンドンブーツ1号2号』田村淳も「厳しいでしょ?」とつぶやいた。

菅が「マイナスになっちゃう可能性もある」、向井が「他の仕事、全部できなくなる」と嘆いたが、尾形は「世界を取るってそういうことだから。エロで食っていくって決める」と断言した。

後日、淳は菅と向井を呼び出した。この日、新番組の収録をする予定だったと言うが、尾形について「想定外の動きが多い」とし、急きょドッキリの内容を変更。新番組そのものが白紙撤回され、その旨を告げられた際の尾形の様子をカメラに収めることになった。

尾形が放送禁止用語とみられるワードを連発し、視聴者は大いに沸いた。

《情熱大陸が密着してるのにモザイクとピーばかり(笑)》
《Abemaでピー音全外し公開して》
《ロンハーでピー連発は新鮮すぎるわ》
《情熱大陸から怒られるぞ(笑)》
《というか、情熱大陸どっきりからこんな展開になるとは…(笑)》

この日のロンハーはゴールデンタイムのスペシャルと深夜の2部構成。深夜の放送で本当によかった。

【あわせて読みたい】