元AKB・ぱるる“爆買い”動画の意図とは? HIKAKIN、指原莉乃と同じ手法で…

島崎遥香 

島崎遥香 (C)まいじつ 

元『AKB48』の島崎遥香が、10月18日に自身のYouTubeチャンネルを更新。高級ブランド『CHANEL(シャネル)』の爆買いという中国人観光客のような動画をアップした。

島崎は「CHANEL様で爆買いをしました」と丁寧に「様」までつけ、金に物を言わせて爆買いしたことを視聴者へ報告。「最近様子がおかしくて。『何でもいいから買いたい!』『買いたすぎる!』って感じで買っちゃいました」「カードが使えなくなりました(笑)」など、限度額いっぱいになるまで衝動買いしたことを明かした。

他方で、こうした自慢が鼻につかないように、嘘か真か「ほんっっっとうに物を買わない」「高校時代に買った洋服を着ている」などと倹約家であることもアピール。「ハイブランドもあまり詳しくないし、CHANEL様なんて永遠の憧れのブランド」と真偽不明な謙遜も挟み、指輪、パールネックレス、ベレー帽、バッグの計5点を見せつけたのだった。

ブランド爆買いも全ては経費…富める者がさらに富む世界

最後は金額に震えたことを伝えると、今回の爆買いを補うため「お仕事待ってます!」と関係者に物乞い。自分で爆買いしながら金欠アピールという、自作自演のような行為を見せつけるのだった。

しかし冷静に考えると、自己アピールのためにブランド品を買い漁るのは全くもって非効率的。関係者がオファーを送りたくなるような企画は他にいくらでもあり、〝広告宣伝費〟としてコストパフォーマンスに見合っていないだろう。だが、彼女にはこれでもいい理由があるらしい。

「個人事業主であるタレント・ユーチューバーは、企画にすればある程度は経費扱いになるため、節税しながらブランド品を身にまとうことができるんですよ。HIKAKINが『ルイ・ヴィトン』や『Supreme』を爆買いしているのも、島崎の先輩にあたる指原莉乃が『Dior』の爆買い動画をアップしていたのも、どうせ経費扱いなら高くて珍しいものを買いたいという動機でしょう。島崎もこれを利用し、動画にしながら大量のアイテムを爆買いしているのでは。ただ、こうした手法はある程度マネタイズできていないと『仕事上必要なもの』という原則から外れていると見なされるので、一般人には真似できません。富める者がさらに富む、まさに資本主義の縮図です」(経済誌編集)

元「AKB48」は「金で品までは買えない」を体現するような女性ばかりなのだろうか。

【あわせて読みたい】