中居正広のリークか「稲垣ら3人が中居と合流」報道の怪奇

画/彩賀ゆう (C)まいじつ

9月9日発売のスポーツ新聞Sが《来年9月に中居正広が事務所を退職。稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾らと合流する》と報じた。同紙によると、中居がジャニーズ事務所に残ったのは《中居たちは、実際は不仲ではない。残留は退社組を守るため》だと説明している。

「中居が事務所に残留したのは退社組の稲垣らを守るためだとすると、彼らのレギュラー番組が続いてもおかしくはないはずです。現実に退所した3人のレギュラー番組は次々に終了が発表されています。これでは守ったとはいえません。中居が縁を切ったというのが正解でしょう」(他のスポーツ紙記者)

9日は稲垣らがジャニーズ事務所を辞め、新たなスタートを切った日でもある。

「ジャニーズ事務所と関係が深いスポーツ新聞を使って、こんな白々しい記事を出してきたのでしょう。ひょっとすると情報の出元は中居本人かもしれません」(同・記者)

この記事にはおかしなところもある。3人が退所するにあたって、ジャニー喜多川社長は二度目の“応援コメント”を出しているが、それが今回の記事では一切、触れられていない。

 

中居による意図的なリークか

「一部で報道されたように、この夏、中居は木村に“和解”を申し入れ、木村は快諾しています。S紙はそのことに触れず、一切載っていません。意図的な中居寄りの記事であると感じます」(ジャニーズライター)

ではなぜ、稲垣らの退社と同時に、こんな記事が出たのか。

「すべて中居が仕掛けたものなのでしょう。今年6月の事務所の更新月に、稲垣らは事務所へ行って話し合いの場を持ちました。それで退所が決まったのです。でも中居は3人とは行動を共にせず、自動の契約更新で済ませた。これで“友情”が存在するとは思えません」(同・ライター)

中居はスポーツ新聞だけでなく、女性週刊誌を中心に“中居と稲垣らとの友情”についての記事になる情報を流している。

「女性週刊誌Aには《いまの状況を後悔している》という、中居の心境が掲載された記事が出ました。中居本人が言わなければ、そんな話も出ないでしょう。でも、それは自分に降りかかってきた“悪役”説を払拭するでっち上げです。中居はジャニーズ事務所傘下の社長になる予定なのです」(同・ライター)

今後はどんな記事が出てくるだろうか。

 

【あわせて読みたい】

市川海老蔵「再婚最有力候補」小林麻耶との複雑な関係

「YOUは何しに日本へ?」突然ローラが出演し話題に

「まるでブルゾンちえみ」広瀬すずのインスタ写真が話題

反省ゼロ!狩野英孝と宮迫博之「アメトーーク」共演に非難殺到

武井咲がドラマでも妊娠!視聴者騒然の事態