『ハンオシ』大コケで“胸キュン”ブーム終了?「チープでベタな物語ばかり」

清野菜名  坂口健太郎 

清野菜名と坂口健太郎 画/彩賀ゆう 

10月19日より、清野菜名と坂口健太郎が共演するTBS系火曜22時ドラマ『婚姻届に判を捺しただけですが』の放送がスタートした。しかし第1話から落胆の声が殺到するヒドイ出来であったため、〝TBS火曜ドラマ・オワコン説〟が浮上している。

主人公の明葉(清野)は「森田デザイン」で働く中堅デザイナー。いつか独立して広告で賞を取ることを目標に、やりがいを感じる日々を過ごし、「生涯独身上等、おひとり様最高!」と独身を謳歌していた。そんなある日、飲み会で出会ったばかりの広告代理店「秀伝堂」の社員・百瀬柊(坂口)からプロポーズされる。百瀬は訳あって偽装結婚する相手を探しているという。突拍子もない電撃プロポーズに、はじめは「ありえない! バカにしてるんですか!?」と突っぱねた明葉だったが、ひょんなことから百瀬の偽装妻になる…。

「第1話は、清々しいほどに新垣結衣主演の『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)のパクリでしたね。しかしこちらには〝キュン要素〟や、時代背景を取り入れた風刺ネタ、クスっと笑える小ネタなどがない。劣化コピーもいいところです」(芸能記者)

キッズ御用達の低レベル恋愛ドラマに…

このままではおそらくコケてしまうだろう『ハンオシ』。これにより〝TBS火曜ドラマ〟神話が崩壊しようとしているという。

「多くの大ヒットラブコメを輩出しているTBS火曜ドラマ。2016年の『逃げるは恥だが役に立つ』に始まり、『あなたのことはそれほど』『カンナさーん!』『義母と娘のブルース』『恋はつづくよどこまでも』『私の家政夫ナギサさん』『オー!マイ・ボス!恋は別冊で』などは、高視聴率&若者ウケ抜群という無双状態でした。しかし最近では、作品の質が明らかに劣化。視聴率も二桁割ればかりです」(同・記者)

この低迷は、一体何が原因なのだろうか…。

「2020年1月に、胸キュン要素盛りだくさんの『恋はつづくよどこまでも』が大ヒットして以降、この枠はとにかく胸キュンを最優先、ストーリーは二の次になっている作品が目立ちます。一口に恋愛ドラマといっても、『あなたのことはそれほど』『G線上のあなたと私』のような、見ていて嫌な気持ちになるほどハラハラするような恋愛物語もあっていいはず。しかしここ2年ほどは、中学生が描いたようなチープでベタな物語ばかりなのです」(同)

大人も楽しめる恋愛ドラマを提供していた〝TBS火曜ドラマ〟が、キッズ御用達の胸キュンドラマ枠になってしまったのだろうか…。昨今、テレビは若年層の視聴率が大事と言われているが、これでは肝心の若者もすぐに飽きてしまいそうだ。

【あわせて読みたい】