『ミヤネ屋』宮根誠司が暴走!? リポーターへのパワハラ疑惑も…

宮根誠司 

宮根誠司 (C)まいじつ 

思ったことをすぐに言ってしまう性格から、頻繁に炎上騒動を巻き起こしている宮根誠司。10月20日放送の『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)でも専門家の意見を遮る場面やリポーターにパワハラをする一幕があり、物議を醸している。

この日の番組では、熊本県の阿蘇山が噴火した件について報道。専門家が電話出演し、「防災上、注意しなければいけないタイプの噴火が起きた」と見解を述べていく。

専門家が言葉を続けようとすると、宮根が「これあの」と意見を遮る。専門家は宮根を気にせずに解説を続けたが、視聴者は宮根の聞く姿勢に不快感を抱いた様子。ネット上では、

《ほんと宮根うるさい。知ったかぶるな。ちゃちゃいれるな》
《宮根さんて聞き方下手ね》
《宮根の学の無さを観覧する番組なのか? 爆笑》
《トークを遮って…しゃべり過ぎ。どんだけしゃべりたい人なんだ》
《独走中! 人が話してるときマイクオフにしたらええのに》
《ミヤネ屋って宮根抜きで放送したら良い番組になると思う》

などと批判の声が多く見受けられた。

宮根誠司の暴走は止まらない? リポーターにパワハラ疑惑

また天気予報の際に宮根は、現場に出ているリポーターに「周りに誰もいないからマスク外していいと思うよ」とコメント。さらに「いや、だって雨で濡れて気持ち悪いでしょ。そこはケースバイケースで取っていいと思うよ」と責めるように言い放つ。

これにリポーターは一瞬固まった後、「あっわかりました。今後外させていただきます」と困ったように眉を下げるのだった。

この一連の会話のやり取りをパワハラだと受け取った人も多いようで、

《ミヤネ屋で宮根がリポーターに「周りに人いないならマスク取れ」って言ってる… パワハラでは?》
《別に放送中にマスクの事を言わんでも。急に言われたらリポーターさんも困っちゃうよね》
《テレビ出てるやつが率先してマスク外せとか言うなよ。くだらんこと助長させんなよ。》

などの苦言が多く見受けられた。

一回の放送でさまざまな火種を生んだ宮根。彼の炎上体質が改善される日が来ることはなさそうだ。

【あわせて読みたい】