亀梨和也も苦笑…『ZIP』“ヤラセ疑惑”に「明らか」「ツッコミどころ満載」

亀梨和也 

亀梨和也 画/彩賀ゆう 

10月19日放送の『ZIP!』(日本テレビ系)に〝ヤラセ疑惑〟が浮上し、ネット上で波紋を広げている。

この日、番組は7時台の中継コーナーで栃木県・茂木町の伝統ある「鮎漁」を紹介した。鮎の漁獲量が全国2位というこの地では、旬の「落ち鮎」の手づかみ体験を無料で行うことができる。リポーターは川に仕掛けられた、すのこ状の台「やな床」を紹介し、川の流れに沿って鮎が飛び込む仕組みをリポートする。

ここでリポーターは「旬の落ち鮎がかかっています!」とその様子を伝えるが、やな床に乗った鮎はピクリとも動いていない。直後には奥にいる2匹が映されたが、こちらもヒレをわずかに動かすばかりだ。

「水際で跳ねる落ち鮎… 亀梨さん分かりますか?」とコメントを求められたスタジオの『KAT-TUN』亀梨和也も、これには思わず「跳ねて…ますか?」と正直にコメント。忖度ない感想でスタジオに苦笑いが走ると、現地からは「ちょっと今… 元気がなくなっちゃってるんですけど」とのフォローを入れるのだった。

あらかじめ獲った鮎を仕掛けて中継か…

その後、リポーターが実際につかみ獲りし、鮎が元気で手からすり抜けそうなことをリポート。しかし、先ほどまで鮎は動いていなかったため、不自然だとして、視聴者の物議を醸すことになる。

どうやら多くの視聴者は、中継内で鮎がかからないことを危惧した番組が、事前に獲った鮎をやな床の上に置いていたのではと感じた模様。ネット上には

《ZIPの鮎ヤラセ過ぎへん?》
《全然動いて無かったし、 キャーキャー言って掴んでたけど、明らかに鮎揺らして動いてるように見せてたよね。ヤラセ…?》
《鮎がやな床でグッタリしてるのツッコんでた亀梨わろた》
《全然動いてない鮎をビビりながら掴むって… ツッコミどころ満載》
《跳ねてなかったよ せめて動いてる鮎を準備しないと》
《鮎が明らかに後入れ感のあるヤラセで見てられなかった。鮎が跳ねてますーとかリポーターが言ってたけど、どう見ても横たわって死んでる》
《鮎が並んでる間隔がキチッと等間隔だし みんな同じ方向を向いてるんよw》

といった指摘が殺到したのだった。

もしヤラセだとしたら、コンプライアンス遵守の現在において、悪質極まりないといえるだろう。亀梨がツッコんだことが唯一の救いだろうか。

【あわせて読みたい】