『スッキリ』加藤浩次の“ネタバレ”にオタク激怒「死刑すぎるよ!?」

加藤浩次

加藤浩次 (C)まいじつ 

10月20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で飛び出したMC・加藤浩次の発言に、アニメ・漫画オタクたちが親の仇のごとく猛烈な怒りを露わにしている。

それは、来月に完結を控えた番組プロジェクト『ダンスONEプロジェクト』でのことだった。同企画はコロナ禍で大会が中止となった全国のダンス部員のため、振付師・akane氏の主導で始まった高校生応援企画。今回は先出しとして一部が先行公開され、完成を間近に控えた山梨県の高校は、課題曲である『YOASOBI』の『群青』を華麗に踊っていた。

さらに、同楽曲の元ネタとなった漫画『ブルーピリオド』から着想を得た振り付けが組み込まれていることも紹介されると、加藤はそのアイデアに関心。「いいね! 非常にいいですね!」と絶賛し始め、「何かダンスだけじゃなくて、高校生とかはずっとスマホを持ってる世代でもあるから、映像を作る感覚というのがすごくないですか?」とその技術を称えていった。

加藤はその後も「とんでもない映像クリエイターが出てくるんじゃないですか? この世代から」「ストーリーになるところとか、ずっと見てられる。最後絵になるところとかね。自分の思いがそこにあったということなんでしょう」と絶賛。若き力を褒め称えたのだが、この温かなコメントに、なんとオタクからは怒りの声があがってしまう。

『ブルーピリオド』をネタバレした加藤浩次に大激怒!

実は、「ブルーピリオド」を取り入れていることが紹介された際、同作のファンである加藤はこれに反応し、ニヤニヤ顔でストーリーの魅力を力説したのだ。中には展開を明かす発言まであり、未読の者にとっては〝ネタバレ〟となる結果に。これにオタクは大激怒し、ネット上には

《許さねぇぞ!!! 絶対! こっち最近アニメ見始めた勢だからね!? そこのネタバレは死刑すぎるよ!?》
《ブルーピリオドのアニメ面白かったから単行本買って少しずつ読んでたけど、今流し見してたスッキリの加藤浩次にネタバレ食らった》
《いや、まさか『スッキリ』観てたら『ブルーピリオド』のネタバレ食らうとは思わなかった》
《加藤もアホだけどな 俺これ知ってるんだぜ言いたいだけ》
《せっかく楽しみにしてるのに アニメ観てる人そこまだ知らないから》

といった反応が噴出。「加藤浩次許すまじ」というような不穏な空気が漂ったのだった。

漫画やアニメは〝画〟を見てこその作品だと思うのだが…。オタクとは、どこまで心の狭い人種なのだろうか。

【あわせて読みたい】