『しゃべくり007』“身内ネタ”連発で視聴者離れ…「不快」「そろそろ潮時」

くりぃむしちゅー 

くりぃむしちゅー  (C)まいじつ 

今年で放送14年目を迎える長寿トークバラエティー『しゃべくり007』(日本テレビ系)。しかし近頃は、その人気に陰りが出ているようだ。

「しゃべくり」はこれまで、同時間帯でトップの視聴率を誇っていた。しかし、2020年に入ってから失速。同年2月17日に放送された、島袋聖南と石倉ノアをゲストに迎えた回では、視聴率が7.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と最低記録を更新した。

それからというもの、常に二桁の高視聴率を誇っていた「しゃべくり」は視聴率一桁を連発。番組は何故落ち目になってしまったのだろうか?

「原因として考えられるのは、マンネリ化でしょう。同番組は旬なゲストを迎えてトークしていくのですが、芸人がトークを妨害して、ゲストをそのノリに巻き込むという手法が定着しています。昔は〝ギリギリ007〟というぶっちゃけ企画もあり、見どころが多かったのですが、現在はレギュラー出演者の身内ノリがキツく、見るに堪えません。『チュートリアル』徳井義実がシレっと復帰したことも不評。『ネプチューン』も冠番組が続々と終了してますし、番組内で名倉潤はほとんど発言していません。『くりぃむしちゅー』の2人、原田泰造と堀内健は奮闘していますが、どうしてもノリが一辺倒になってしまうのです」(芸能ライター)

『しゃべくり007』は終わった? 番組内容に苦言…

視聴者も最近の「しゃべくり」に魅力を感じていないようで、ネット上では、

《しゃべくりって最近、急激につまらなくなったよね》
《芸人が7人もいるのに太田上田の方がおもしろい》
《飽きてきたから見てない。ゲストにつまんない事やらせて身内だけで楽しんでるし不快》
《飽きた~。そろそろ潮時だと思う》
《昔はおもしろかったけど、最近は誰がゲストでも面白くない》
《前は結構見てたけど、内輪ネタみたいなのが多くて段々つまらなくなった気がして見なくなった》

などと厳しい意見が多くあがっている。

「『しゃべくり』だけではなく、前枠で放送されている『人生が変わる1分間の深イイ話』も不調。9月20日放送の『しゃべくり007』と『人生が変わる1分間の深イイ話』の合体特番『しゃべくり深イイ合体』も7.4%と低視聴率を叩き出しており、『しゃべくり』というよりも、日テレのバラエティーが視聴者から見放されている印象を受けます」(同ライター)

他局に押されている日テレのバラエティー。果たして、これから巻き返すことはできるのだろうか…。

【あわせて読みたい】