ユーチューバー・宮迫博之の“必死な姿”にファンも失笑「お気の毒…」

宮迫博之 

宮迫博之  (C)まいじつ 

10月19日、元『雨上がり決死隊』の宮迫博之がYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』を更新。今後の活動について説明し、ネット上で失笑を集めている。

宮迫は、ユーチューバー・ヒカルとコラボして進めている焼肉屋『牛宮城』の共同経営プロジェクトについて説明。コトの発端は、宮迫がヒカルに〝焼肉屋の開業資金として1億円貸してくれ〟と打診するドッキリを仕掛けたことから。ドッキリだったもののヒカルが了承したため、高級焼肉店を開業するべく、ブランド牛の選定や店舗経営者へ直談判するなど奔走することに。

プロジェクトは宮迫が中心となって進めていたのだが、後日、宮迫サイドで請け負っていた焼肉の味や品質面での準備が追いついていなかったと告白。宮迫は「お客様に提供できるレベルのものではなかった」と明かし、「牛宮城」のオープンは無期延期となってしまった。

そして、度重なる準備不足が原因となり、今まで週5本出していた動画が出せなくなるという。宮迫は「いったんチャンネルを休止して牛宮城のことだけに動こうという話もあったんですけど」と前置きしつつ、動画の更新を週3本に減らすことを視聴者に報告している。

宮迫博之の詰めの甘さが露呈! 負のスパイラルに…

宮迫をなんでも擁護する〝宮迫キッズ〟からは温かいメッセージも届いているが、ネット上では苦労している宮迫に失笑も相次いでおり、

《この人の顔を見るとイラッとする。やる事なす事すべてタイミング悪い。結局のところ実力がないだけのこと》
《やってることがブレブレwww テレビに戻りたいのかユーチューバーになりたいのか経営者になりたいのか》
《宮迫のYouTubeで心温まる人って、どんだけ辛い人生を送ってる人なんだろ。ほんとにお気の毒です…》
《宮迫が成金に捨てられないよう必死なのがたった数分で伝わってくるの凄いな》
《マイナスのイメージから始めるマーケティングの手法ですね。ケチが付く事でマイナスながらも注目度は上がる。どんなもんか食べてやろうって、食べてみたら美味かったってプラスに転じさせて拡散させる。側近にかなりの手練れがいる》

などと哀れむ声も続出している。

「闇営業騒動でテレビからYouTubeにシフトした宮迫は、チャンネル開設直後に登録者数450万人を超えるヒカルとコラボ。YouTubeで生き残っていくためのノウハウを教えてもらい、現在は140万人ほどの登録者数を獲得しています。しかしユーチューバーに媚びている姿や、ヒカルの言いなりになる姿に爆笑する人も。動画の本数を減らすことで『牛宮城』のオープンが早まれば良いですが、延期するごとにYouTubeによる収益は減少しますし、早いうちに開店の目処を立てたいという思いが伝わってきますね」(芸能ライター)

客単価1~2万円と言われている高級焼肉店「牛宮城」のオープンは一体いつになるのか…。生暖かく宮迫の活躍を見守っていきたい。

【あわせて読みたい】