『ハライチ』岩井の“VTuber”への嫌味に共感「最高だね」「キモいわw」

(C)Roman Samborskyi / Shutterstock

『ハライチ』の岩井勇気が、10月21日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)に出演。かつて他番組で共演したVTuberにもの申して話題をさらった。

『麒麟』の川島明や陣内智則らが出演し、日頃のグチを語り合った。岩井はある配信番組での出来事を明かす。岩井いわく、その番組では岩井の他に4人の出演者が横並びになっていたという。

岩井は進行役として中央に座り、左側にはユーチューバーが座っていた。右隣は女性アイドルで、そのまた右隣にはVTuberがいたという。

VTuberにアクリル板立てる「バーチャルコロナみたいのあんの?」

岩井は『ダウンタウン』に向かってVTuberについて説明。「バーチャルのキャラクター」とし「実際にはいないんだけど、モニターを見たら映ってて、スピーカーから声が聞こえる。オンエアではいる、みたいな感じ」とした。

直後、「そのアイドルとその奥(VTuber)の間にアクリル板が入ってて…」と明かすと、周囲は大笑い。「これはもう、よく分かんない」と漏らした岩井は、「(スタッフが)二次元の人を本当の人だと思い過ぎてるのか…」とやゆした。

「それぐらいに、本当にいるように見えたいのか!」と松本人志が驚くと、「(VTuberにも感染するような)バーチャルコロナみたいの、あんのかな、みたいな」と嫌味を放つ。松本らは「やり過ぎですね」と共感していた。

視聴者は岩井が放った痛烈な嫌味におおむね共感している。

《VTuberにもアクリル衝立て設置するスタッフ面白いけど、しっかり仕事してるなぁと好感持てるわw》
《VTuberと3次元アイドルの間にアクリル板は草》
《VTuberとの間にアクリル板はさすがにキモいわwwww》
《実在性アピールしててファンは嬉しいだろなと思った》
《他の番組と同じスタジオで撮ってるから、VTuberのためにわざわざ設置したんじゃなくて、そもそも設置されてたもんでしょ》
《VTuberにもアクリル板使うの最高だね》

著書の売れ行きが好調な岩井。今後もお茶の間をにぎわせてくれそうだ。

【あわせて読みたい】