『恋です!』めるるに視聴者が激怒! 胸クソ演技に「吐きそう」「嫌い」

「めるる」こと生見愛瑠 画/彩賀ゆう 

俳優の杉咲花と杉野遥亮が出演するドラマ『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)の第3話が、10月20日に放送された。視聴者の間では、〝めるる〟こと生見愛瑠の好感度が下がる事態に発展している。

色と光がぼんやりわかる程度の弱視の主人公・赤座ユキコ(杉咲)は、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。ある日、道端で喧嘩っ早いけど純粋な不良少年・黒川森生(杉野)と出会う。ユキコは黒川に一目惚れされ、それから付きまとわれるようになっていく…というラブストーリーだ。

めるるが演じているのは、黒川の中学時代の同級生・ハチ子。黒川たちの溜まり場である喫茶店でバイトしており、学生時代にイジメから守ってくれた黒川に好意を寄せている。