『有吉の壁』パンサー菅にガチ注意? 芸人仲間からの指摘に「貴重だ」「すげえ」

マヂカルラブリー 

マヂカルラブリー (C)まいじつ 

10月20日放送の『有吉の壁』(日本テレビ系)で、珍しく『パンサー』菅良太郎が注意される場面があった。

この日は恒例企画「ブレーク芸人選手権」が行われ、「パンサー」の3人は、コンプライアンスギリギリを攻める「コンプライアンスデンジャラス」というネタを披露。このネタは、3人がパフォーマンス集団『電撃ネットワーク』を模した姿で登場し、本家さながらの過激ネタに挑戦しようとする。しかし、コンプライアンスを意識しているため、「ナイフでタンクトップを切り刻む」と予告したにも関わらず、「服についたタグしか切らない」といった超マイルドなネタばかりしていく…というネタだ。

このネタをMCの有吉弘行は「×」判定に。すると「パンサー」尾形貴弘は「このネタはメッセージもあるんですよ、この世の中に。このままだとこういうふうになっちゃうぞっていう」などと食い下がったのだが、これを受けて再度有吉は「×」判定を強調した。

パンサー菅が謝る展開に「イメージ無さすぎて超面白い」

こうして不合格になってしまった「パンサー」だが、ここで観客席にいた『マヂカルラブリー』野田クリスタルが、「たまにはちゃんと、どうせ菅くんが作ったんだから、菅くん謝りなよ。(ネタが)終わったら他人行儀」とツッコミを入れる。菅は「僕がコンプライアンスギリギリでした。すいませんでした」と謝るのだった。

尾形ではなく、菅がイジられるという珍しいこのくだりに、ネット上では

《尾形さんがいつも矢面だからかな? ハッキリ思ったことを言う野田さんカッコイイなぁと思ってしまった。菅さんにこんなこと言えるの野田さんくらいよね》
《野田さんの菅くん謝りなよはちょっと良かった。 野田さん毎回芯食う発言でよき》
《たまにはちゃんと菅くん謝りなよって言う野田クリとパンサーの関係性いいな》
《どうせ菅が作ったんだから菅が謝れ というあまりにも最もなワードw》
《管にこう言える野田は貴重だなw》
《野田さんの「たまには菅くんちゃんと謝りなよ」にドキドキしてしまった…》

といった驚きや歓喜の声があがっている。

ファンにとっては、かなり貴重なシーンだったようだ。

【あわせて読みたい】