カズレーザーが菅田将暉らを一刀両断!? 投票推進動画に「つまんない」

カズレーザー

カズレーザー (C)まいじつ 

10月17日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に、お笑いコンビ『メイプル超合金』のカズレーザーが登場。投票期日を間近に控えた「第49回衆議院議員総選挙」の〝投票推進動画〟に苦言を呈し、ネット上で称賛の声が続出している。

同日の放送では「衆議院議員総選挙」について取り上げ、各党が若者世代の票を狙うべく行っているSNSを使った戦略を特集。また小栗旬、菅田将暉、仲野太賀、二階堂ふみ、橋本環奈ら総勢14人の豪華な芸能人たちが投票を呼び掛ける、ユーチューブチャンネル『VOICE PROJECT 投票はあなたの声』の動画も紹介された。

「番組で話題となった動画は3分間の短いもの。茶色い背景をバックに、BGMもない中で淡々と芸能人たちが投票への思いをつらつらと語っていく、シンプルな内容に仕上がっています。10月16日に公開され、早くも約50万再生に到達。若者たちの注目度は高いといえそうです」(芸能ライター)

真面目にすればいい訳ではない?

そんな動画をカズレーザーはすでに視聴済みだったようで、「なんでこんな暗い感じで作るのかな。『これって効果あんの?』って思うんですよ」と指摘。さらに「真っすぐカメラに向かって淡々と喋るってつまんなくないですか、そういう動画って」と持論を展開していた。

カズレーザーの意見は多くの共感を呼んだようで、ネット上には、

《ズバリ言うわね、爽快!》
《たしかに暗い。明るい未来を期待してるのに。カズさん、攻めますね》
《マジで親近感持ってもらいたいんだか、堅苦しくしたいんだかわからない》
《カズレーザーさんの意見、すごく同意できます。あの動画を見て「投票に行こう!」とはならないね》
《日本人ってとりあえず真面目風になんでも作りたがるよね。カズさんの言う通り明るい方が若者には好かれそう》

などの絶賛が巻き起こっている。

一般人が普通に感じていることを、代表してメディアで発表してくれたカズレーザー。彼のような普通の感性を持ち合わせている芸能人は、視聴者にとって心強い存在なのかもしれない。

【あわせて読みたい】