『スッキリ』加藤浩次が“あなたの番です”に強烈皮肉「よく言った!」

加藤浩次 

加藤浩次 (C)まいじつ 

『スッキリ』(日本テレビ系)のメインMCである加藤浩次が、同局の大ヒットドラマ『あなたの番です』をディスったとして話題になっている。

10月22日放送の『スッキリ』では、毎週恒例となっているドラマ『真犯人フラグ』(日本テレビ系)を考察するコーナーを敢行。元テレビ東京の演出家・佐久間宣行氏をゲストに迎えて、加藤、佐久間氏、森圭介アナウンサーらが語り合った。

『真犯人フラグ』は、『あな番』と同じスタッフが再集結して制作している2クール連続の超大型ミステリードラマ。ネット上で考察合戦を巻き起こした『あな番』に次ぐヒットが期待されている。そのため、局をあげて『真犯人フラグ』でも考察合戦を盛り上げようとしているのだろう。

この日もさまざまな真犯人候補などについて語り合ったのだが、ここで最後に加藤がポツリと「ラストがサイコパスで終わるのだけはやめてほしい」とコメント。これに佐久間氏も「そうですね。全然関係ないサイコパスパターンは…」と同調していた。

視聴者の期待を裏切った「あな番」

「『あな番』は多数の殺人事件が起きて、その犯人が一体だれなのか、何の目的があるのかが争点となり、ネット上で熱い議論が繰り広げられました。しかし半年もかけた最終回のオチは、〝殺人衝動〟を持っているサイコパスがいただけ…という最低最悪なモノだったのです。このオチによって、『あな番』は歴史に残るスーパークソドラマになりました」(芸能記者)

加藤が今回言っている「サイコパスはやめてほしい」という言葉は、どう考えても『あな番』への皮肉。ネット上でも

《あな番批判ですね。確かにあのラストはひどかったからな》
《「よく言った!」と声に出てしまいました。「あな番」にあんなに加藤さんも春菜さんもハマってたのに犯人は「線の細いサイコパスな殺人鬼」って結論にガッカリされてましたからね》
《あな番は酷かった。結局は動機なし快楽殺人でサイコパス黒沼ちゃんが犯人だもんな》
《浩次よく言ってくれた!》
《あな番は最終回まで芸能人も結構楽しいって言ってたのに最終回の後は誰も言わなくなったよね》

といった共感の声があがっている。

『真犯人フラグ』がちゃんとミステリーになることに期待したい。

【あわせて読みたい】