『最愛』田中みな実の“やさぐれ演技”に酷評「似合わない」「一人だけ不自然」

田中みな実 

田中みな実 画/彩賀ゆう (C)まいじつ

10月22日、吉高由里子主演のドラマ『最愛』(TBS系)の第2話が放送された。田中みな実の演技にネット上では否定的な声が相次いでいる。

同作は、殺人事件の重要参考人となった実業家・真田梨央(吉高)と、梨央の初恋の相手であり事件の真相を追う刑事・大輝(松下洸平)、そして、あらゆる手段で梨央を守ろうとする弁護士・加瀬(井浦新)の3人を中心に展開するサスペンスラブストーリーだ。

田中が演じているのは、フリーランスのノンフィクションライター・橘しおり。元大手新聞社の記者で、記者クラブ賞を受賞したことがあるほどの実力の持ち主で、真田グループの闇を追っている。第2話では、「真田ウェルネス」の専務で、「真田ホールディングス」に仕えてきた古参社員・後藤信介(及川光博)と電話でやりとりするシーンがあった。

記者感がまったくない田中みな実…

橘はクールでサバサバした雰囲気のある女性で、後藤と電話をしているときも低めの声で不愛想にやりとり。バラエティー番組などで田中が見せるキャラとはかけ離れたやさぐれ感がある。

最近、田中はドラマによく出演しているが、個性的なイカれた女性を演じることが多く、今回のようなローテンションのキャラを演じることは珍しい。それだけに視聴者からは

《そこの配役は田中みな実じゃないんだよなあ… ヒコロヒーちゃんとかじゃない?》
《最愛面白いけど田中みな実の役の合わなさが気になる》
《最愛 の田中みな実が合ってない… 意外性を突いたんだろうけど 髪型?フリーライター(記者)がこんなビジュアルしてるか?って思う。前髪しっかりあってスキンケアちゃんとしてそうで。 やさぐれ感が足りんというか》
《最愛ストーリーめちゃおもしろいのに田中みな実の配役が合わない~~》
《あの記者、田中みな実の必要ある?違和感すごいからもうちょいナチュラルな女優さんにやってほしかったな~》
《最愛。田中みな実本当にいらないな…。一人だけ役作りが不自然…。一気に観る気が失せた…》

など酷評が相次いでいる。

無理にさまざまな役に挑戦せずとも、一つのキャラを極めてもいいと思うのだが…。

【あわせて読みたい】