ウエンツ瑛士“梅宮辰夫さん問題”にド正論「完璧なコメント」「正解だと思う」

ウエンツ瑛士 

ウエンツ瑛士 (C)まいじつ 

タレントで俳優のウエンツ瑛士が10月24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に出演。2019年12月に他界した梅宮辰夫さんの看板が顔の部分だけ黒く塗られてしまった問題について言及し、ネット上では共感の声が多くあがっている。

辰夫さんが生前、名誉館長を務めていたという東京に本社を持つ本郷美術骨董館の看板が辰夫さんの顔部分だけ黒塗りされていたことについて、娘のアンナは10月18日のインスタグラムで、《余りにも残酷で、余りにも酷い行為に…涙が出て…悲しくて》と投稿。ネット上で瞬く間に広がると、各局ワイドショーもこぞって放送し、大きな話題になっていた。

ウエンツは「お話を伺っている限り、非は骨とう品店側にあると思う。アンナさんが悲しい気持ちはわかるんですけど、1つだけ残念だなと思うのは、インスタグラムに載せるっていうのはどうなのかな」とコメント。続けて、「仮にこういうことがあっても、会社側と話し合えばいいのにって。インスタグラムに載せたら、アンナさんは芸能人という立場なので、ファンの方はみんなアンナさんを応援しますよね。そのうえで骨とう品店と話すというのはなかなか対等な立場を築けないから、外を巻き込む必要はなかったんじゃないかな。アンナさんの格を下げかねない行為なのかなと。気持ちはわかるんですけど…」と持論を展開した。

ウエンツ瑛士の主張に共感の声

ウエンツの主張に、ネット上では

《ウエンツの言うことが正解だと思う。抗議するなら個人的に連絡すればいいのに、なんでわざわざインスタグラムにアップしたんだろう?》
《そうだね。トラブルのSNSを見てもねぇ当事者で話し合っているのに、晒しは良くないと思う》
《ド正論じゃん。アンナを擁護した上での完璧なコメントだと思う》
《そもそも昨年末に契約が切れてるのに、梅宮さんの事務所もなんで抗議しなかったんだろ。正直、どっちもどっちだよね~》

などと、同意する声が相次いでいる。

「骨董館はその後、アンナに謝罪メールしていた証拠を開示しました。アンナは『来ていない』と否定していますが、どうやら見落としの可能性が高そうですね。いずれにしても、文句があるなら骨董館と直接連絡を取ればいいだけで、最初からインスタグラムに投稿したのはさすがにやり過ぎだったと言われても仕方ないでしょう」(芸能記者)

アンナ自身もまさかここまで大騒動になるとは思っていなかったのかもしれないが、どうやらウエンツの言うとおり、格を下げてしまったのは否めないようだ。

【あわせて読みたい】