テリー伊藤“格安ベンツ紹介”に車ファンから苦言「無責任すぎる」

テリー伊藤 

テリー伊藤 (C)まいじつ 

タレントで演出家のテリー伊藤が10月21日、自身のYouTubeチャンネルを更新。格安のベンツを紹介したが、車好きの間で物議を醸している。

テリーは『【ベンツが20万!?】洗車もしてない売り物のベンツは本当に大丈夫なのか?』と題した動画を投稿。〝20万円台で買えるベンツ〟を探しに、埼玉県にある輸入車販売店を訪れ、格安の3台を紹介していった。1台目はベンツの〝Cクラスセダン〟で、2005年式、走行距離は11万キロだった。

車内にはなぜか飲み干した缶コーヒーがあり、お世辞にもキレイとは言えない状態だったが、社長と交渉の末、12万円と超破格を引き出した。実際には車検やメンテナンス費用が別途必要だが、テリーは「12万円! これ見てる人すぐ買ったほうがいいですよ!」と大コーフンだった。

テリー伊藤の“ベンツ紹介”に賛否両論

この動画に、視聴者からは

《この企画おもしろいなw それにしてもベンツのCクラスがこんなに安いとは…。ちょっと欲しくなってきた》
《本当に車内をキレイにして車検が2年付いてくるなら、購入したい! 型は古いけど腐ってもベンツだもんなぁ》
《凄い! ベンツが本当にこの値段で買えるんですか? 勉強になりました!》
《自分では検証できないけど、見ててタメになる。またやってください》

などと、大きな反響を呼んでいる。しかし一方で、車好きのファンからは

《あまりにも安いと飛びつく人がいないか心配になるな。安物買いの銭失いになるのが目に見える》
《国産車ならまだしもベンツの中古ってかなり危険だぞ。どこかひとつでも故障したら、修理代で数十万は余裕でかかるからね》
《この車、中古車保証つくの? 外国車は壊れるとパーツ代とんでもなく高いと思う…》
《めちゃ安い!と飛びついて、数ヶ月後修理代100万円以上でそのまま廃車になりそう。むやみに推すのは無責任すぎる》

などと、厳しい指摘も相次いでいる。

「型落ちとはいえベンツがこんなに安く買えるとは思わなかったという人も多かったようですね。もっとも、ベンツにかかわらず外国車は、もともと中古はかなり安いんですよ。耐久性はどうしても国産車に劣りますし、パーツ代や修理費も割高ですからね。新車からの保証がついているうちはいいのですが、切れたとたんに常に故障のリスクがつきまといます。どんなに安くても後から数十万円も修理費がかかったら、結局高くつくことになりますからね」(自動車ライター)

格安のベンツを購入するなら、それなりの覚悟を持って購入しないと、あとで痛い目にあってしまうかもしれない。

【あわせて読みたい】