『ワイドナショー』安藤優子の傲慢発言に怒り「世間知らなすぎ」「ゾっとする」

安藤優子 

安藤優子 (C)まいじつ 

10月24日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に、フジテレビ社員の安藤優子が出演。一般常識とかけ離れたコメントを繰り出して、視聴者を呆れさせた。

この日、コメンテーターとして番組に出演した安藤は、故・梅宮辰夫さんの看板が顔の部分だけ黒く塗られてしまった問題についてコメント。梅宮辰夫さんを広告キャラクターに起用していた美術商『本郷美術骨董館』が、契約が切れた後も梅宮さんの顔写真が入っている広告看板を出し続け、撤去を要求されたところ、顔を黒塗りにしたというこの問題。「本郷美術骨董館」は撤去作業が遅れていたうえ看板のある場所が高所で、かつ連絡を受けたのが金曜の夜だったため、今回のような対応をとったと弁解しているのだが…。

安藤はこの件について、「この間私は、スズメバチの巣を自分の庭から撤去したんです。こういう危険なことを、24時間、電話一本で対応してくれるんですよ」と自身の体験談を持ち出し、看板の撤去作業も金曜の夜だったとしても電話一本でできるはずだと指摘。「お金さえだせばちゃんとやってくれるんですよ。今はそんな言い訳が通用する世の中じゃない」と断罪した。

「だからグッティも打ちきりになんじゃない?」

しかしこの言い分に、視聴者からは反論が殺到。ネット上では

《看板の撤去や貼り替え、塗り替えを電話一本で即対応してくれる会社があるなら教えてほしいわ》
《この人あんまり世間知らない感がありすぎ。だからグッティも打ちきりになんじゃない?》
《危険性かつ緊急性の無い作業を、金さえ払えば即対応してくれるという考えは、驕っていると感じ、不快になりました。こういう人が、一般代表みたいな顔をして報道していると思うとゾッとします》
《正直、安藤優子さんのコメントには戦慄を覚えた。スズメバチの駆除が24時間対応だからって、なんでも24時間対応可能だろう決めつけるのは、今まで何かにつけて特別扱いを受けてきて、無理な要求をすることに馴れた人間特有の発想だ》
《安藤優子が24時間お金を出せばなんでもやってくれる時代って。 他人が24時間体制で仕事することを前提に語るなよ。ましてや、看板撤去とは言え建設場。何人でやるとか検証もせずにできるかいな。 ハチの巣との違いも理解できない老害》

など怒りの声があがっている。

キャスターとしては完全に終わっていた安藤だが、どうやらコメンテーターとしても厳しいようだ。

【あわせて読みたい】